fbpx

韓国ウォンの下落が止まらない。3度目の通貨危機目前で日本を巻き込む経済崩壊へ=今市太郎

日韓関係が悪化しています。気になるのは韓国ウォンが急落しており、アジア通貨危機、リーマン・ショックに続く3度目の韓国通貨危機が起きそうなことです。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年8月8日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

アジア通貨危機、リーマン・ショックに続く3度目の通貨危機へ…

下がり続ける韓国ウォン

国内では徴用工の問題に端を発して、直接関係ないとは言いながら、結局それに起因した日本からのホワイト国認定中止の閣議決定で、日韓の激しい対立が顕在化しています。

とかくこの手の話は国民も口をはさみやすく、時を同じくして愛知のトリエンナーレの展示品をめぐっての問題も生じていることから、1億総嫌韓状態が示現してしまい、安倍内閣の支持率もうなぎのぼりという、なんとも違和感のある事態が継続中です。

こちらのもめごとに関する議論は専門家にお譲りするとしても、気になるのは韓国ウォンがみるみるうちに下落して年初来安値を突破し、2016年2月につけた1米ドル1,240超えももう目と鼻の先になってきていることです。

韓国ウォン/円 週足(SBI証券提供)

韓国ウォン/円 週足(SBI証券提供)

そうでなくても経済的状況で決して具合のよくなかった韓国が、相当苦境に追い込まれているという見方が徐々に広がりを見せているようです。

気になるのは、金融危機が再発するのではないかという問題です。

1998年にそっくりという今年の相場は「アジア金融危機」を思い出させる

今年の米国株式相場、とくにS&Pは1998年の動きに非常に似ているという話はすでにこのメルマガでもご紹介しています。

その1998年はちょうど7月ごろから「アジア通貨危機」が起こりましたが、その前年、韓国はデフォルト寸前に陥りIMFの管理下に置かれることになります。

それ以来、韓国の金融市場は非常に弱体化してまともな金融機関が激減してしまったのはご存知のとおりです。

また2008年9月のリーマン・ショック後にもウォンが大幅下落し、外貨の需給関係がひっ迫する事態に追い込まれています。

チャートを見ていますと、今回の韓国ウォンの下落も過去2回の通貨危機と同様の事態に追い込まれるのではないかと、非常に危惧する状況になっています。

Next: 大丈夫か? 盤石ではない韓国の外貨準備

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい