fbpx

【3月米雇用統計】史上最悪664万件の失業保険申請でお通夜状態。焦るトランプに注目?=ゆきママ

昨夜発表された米国の新規失業保険申請件数(前週分)は664.8万件。2週連続で爆発的な増加を見せ、過去2週間で約1,000万件に達しています。コロナウイルスの影響が直撃した米国の雇用統計は一体どうなるのでしょうか?現状を踏まえつつ解説していきたいと思います。(FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

相場に与える本質的な影響は小さい

残念ながら、今日発表される3月分の雇用統計というのは、そこまで意味のある数字ではありません。

実は雇用統計の調査の対象となる週は12日が含まれる週。つまり、3月分は3月8日〜14日が調査週ということになります。

実質的に米国でロックダウン(都市閉鎖)が本格化したのはクオモ・ニューヨーク州知事が外出禁止令を出した3月20日以降ですから、そういう意味では明らかに「過去の数字」になります。

冒頭でも述べた、664.8万件という新規失業保険申請件数は3月22〜28日分ですから、すでに速報性の高い数字は出てしまっています。

したがって、予想よりも大幅に悪い数字が出れば、それはそれでネガティブですが、逆に良い数字が出たとしても、それは過去ということで、相場に対して本質的にポジティブな影響を与える可能性は低いように思います。

もちろん、まったく無視されるとも限りませんし、予想よりも良い数字が並べば株高からの円売りが想定されますので、そういった値動きを上手に活用していきたいところでしょう。

Next: 先行指標は最悪!特に失業保険申請件数は目を疑う数字に――

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー