fbpx

なぜ日本の新型コロナ致死率は異常に高い? 臭覚・味覚異常が感染の兆候か=高島康司

新型コロナについて、日本ではほとんど報道されない情報をお伝えしたい。他国と比べて異常な致死率の高さと、感染者に現れる臭覚・味覚の異常についてだ。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2020年3月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

日本では未報道の新型コロナウイルス情報

いま世界では、新型コロナウイルスの蔓延を契機として、ニューヨークやパリなどを含めた世界主要都市のロックダウン、世界経済の急速な景気悪化、「CLO」などの企業ローンの破綻が引き金となる金融危機などをはじめとして、数え上げればきりがないほどの危機的な事態が起こっている。

また、シリアにおけるトルコとロシアの対立や、原油安なども新たな局面を向かえている。さらに、米シェールオイル産業の破綻による金融危機懸念もある。

通常であればこれらは、なんらかの危機の引き金になる可能性のある大きな問題だ。だが、新型コロナウイルスのパンデミックで世界が混乱しているいま、これらの問題はどれも色あせて見えてしまう。

これらの問題はおいおい書くとして、今回もいまもっとも世間の関心が高い新型コロナウイルスに関して、日本ではほとんど報道されていない情報を中心に紹介する。

日本の異常に高い致死率

3月25日、小池都知事は、これまででは最大の1日で41人の都内感染者の増大に対応して、現在が「爆発的感染の重大局面」であるとして、週末の不要不急の外出自粛を要請をした。

これは首都圏閉鎖の最初の兆候の可能性がある。おそらく比較的に早い時期に、東京、特に23区を中心とした首都圏はロックダウン、つまり閉鎖になるかもしれない。一切の外出が規制されているニューヨークやパリ、そしてロンドンに近い状態になるのも時間の問題だろうと思う。

それというのも日本では、東京を中心に感染者数がすでに激増している可能性が高いからだ。それは、日本の致死率も見るとよく分かる。

新型コロナウイルス関連の情報で、日本の主要メディアであまり報道されていないのが、日本の突出した致死率の高さである。

日本では感染者が爆発的に増大するオーバーシュートは起こっておらず、感染者数は徐々に増えてはいるものの、3月25日現在で1,193人だ(※編注:原稿執筆時点3月27日。30日正午の最新情報ではクルーズ船の乗客・乗員を除いた数字で1,896人となっています)。

これは前日と比べて65人の増加である。これは、過去24時間で10,053人増えたアメリカや、5,249人増えたイタリアとはまったく異なった状況だ。日本の感染者数は183カ国中26位だ。

中国やアメリカ、そしてイタリア、ドイツ、フランスなどの他の先進国と比べると、日本はよくウイルスの蔓延をコントロールできているように見える。それを自画自賛するような政治家の発言も目立つ。

しかし、こと致死率に関しては状況は異なっている。

感染者数の割りには致死率がかなり高いのだ。以下が主要国と日本の比較である。

アメリカ

・感染者数:5万5,069人
・致死率:1.45%

ドイツ

・感染者数:3万2,991人
・致死率:0.48%

韓国

・感染者数:9,137人
・致死率:1.38%

日本

・感染者数:1,193人
・致死率:3.60%

これを見ると、日本の致死率はかなり高いことが分かる。もちろんこれは、9.86%のイタリアや、7.11%のスペイン、そして4.93%のフランスよりは低い。しかし、これらの国々の感染者数は日本の数十倍である。オーバーシュートで感染者数が爆発的に増大し、医療崩壊が起こっている国々だ。致死率の高さは医療崩壊の結果であると見ることができる。感染者数の極端な増大から適切な治療を受けられない患者が増え、それが致死率を増大させている可能性が高い。

日本ではこのような医療崩壊はまったく起こっていない。

Next: 日本と同じ1,000人台前半の感染者数で、医療崩壊の起こってない国々の――

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー