「水道はすべて民営化する」麻生太郎の腹の内と、日本を食い潰す外資の正体

2013年4月、麻生太郎氏はワシントンでスピーチを行い、その中で「日本の水道はすべて民営化する」と発言しました。つまりは外資に売り渡すという宣言です。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年9月28日第225号パート2の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

崩れ去る安全神話。なぜ「日本の水道」は外資に売り渡されるのか

「赤報隊事件」とは何だったのか?

1987年5月3日、憲法記念日の夜、朝日新聞阪神支局に「赤報隊」と名乗るテロリストが押し入り、記者2人が散弾銃で死傷するというテロ事件が起こりました。

いまだに彼らの正体がつかめない」と言っているマスコミの人々の脳には、たんぱく質が若干不足しているようです。

「赤報隊」は、こう言いました。「靖国に参拝しない日本国民は死に値する」…だから彼らは右翼のテロリストなのですか? まったく馬鹿げています。

「赤報隊」のテロ事件は、「米国に断りなく」東アジア共栄圏構想を進める者は、こうなるぞ、という脅しです。「靖国問題」は、日本と朝鮮半島、そして中国との間の溝をいっそう深めることに繋がるものです。

なぜ米国は、尖閣列島と同じように、竹島の領有権問題をあえて曖昧にしたのですか?

極東有事の一歩手前…その結果が今日です。これは、グローバリズムの本質が理解できない日本の悲しいマスコミ人による、誤った人心操作術に他ならないのです。

麻生太郎氏「日本の水道はすべて民営化します」

「(安倍晋三首相に続いて)私も戻ってきました」。2013年4月19日、麻生太郎副総理が、ワシントンのCSIS(米戦略国際問題研究所)を訪れたとき、開口一番、彼はこう言いました。

彼は、ここで「日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題」というタイトルでスピーチを行い、その中で、「日本の国営もしくは市営・町営水道は、すべて民営化します」と発言。会場から少なからぬどよめきが起こったのです。

171003asotaro_1

CSIS(米戦略国際問題研究所)は、外交問題評議会(CFR)の下部組織として知られています。ワシントンDCにあるからといって、その他多くのワシントンの保守系シンクタンクの1つに過ぎません。

麻生氏は、「世界のほとんどの国では、水道経営は民営化されているので、“日本の命の糧”を、つまりは、外資に売り渡す」と宣言したのですが、もちろん、それは事実ではありません。

たかが一介のシンクタンク相手に、国会でも議論されず、公約にも一切書かれていない重大事をなぜ軽々しく約束してしまうのでしょう

それは言うまでもなく、外交問題評議会(CFR)とCSIS(米戦略国際問題研究所)こそが、安倍内閣の司令塔だからです。秘密保護法共謀罪なども、ほとんどがここからの指令によるものです。

Next: 麻生太郎はなぜ日本の水道を外資に売り渡すのか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい