fbpx

コロナ騒動前に米国トップ企業CEOは逃亡成功? 1月だけで219人が辞任していた=In Deep

新型コロナがなくても「2020年に世界は壊れる」ことを企業トップたちは予測していた?事実、騒動が大きくなる前に異常とも言える数のCEOたちが辞任しています。(『In Deep メルマガ』In Deep)

※本記事はブログ『In Deep』2020年3月26日配信記事の一部抜粋です。有料メルマガ『In Deep メルマガ』では、ブログでは公開できない極秘ネタも配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:In Deep
本名:岡 靖洋。1963年生まれ、北海道出身。明治大学経営学部中退。23歳の時に表現集団「self23」の活動を開始。「人生の定年は30歳」という幼少時からの指標通りに、その年齢となった1993年より国内外で隠居行動を始める。人気ブログ『In Deep』を運営。

パニックは進む

先日の「東京都で週末の外出の自粛を要請」という報道に続いて、3月26日には「都内への移動自粛要請へ 東京都が神奈川、千葉、埼玉に」という報道がなされ、結局そっちの方向に行くのかよ……とため息をつきました。

「東京の消費と経済活動を縮小させたら、どれだけ焦土化すると思っている?」とも思いますけれど、当局サイドの皆さんは、パニックというよりも、わけがわからなくなっている感も強く、もはやこれまでといった感じです。

ところで今、封鎖や自粛によるいろいろな二次被害も出ていまして、たとえば、アメリカをはじめとして、「献血による緊急治療用の血液が非常に少なくなっている」ことが多く報じられています。

アメリカの各地の地方メディアで報じられているほか、インドなどでも発生しているようですので、おそらくは、封鎖や学校閉鎖などがおこなわれているすべての国や地域で起きていることだと思います。

アメリカの場合、献血者の5人に1人は10代などの若者だそうで、主に学校や大学で献血が行われることが多いそうなのですが、その分が「消滅」してしまっている上に、外出禁止となっている地域もあり、絶望的な血液不足になっているようです。

世界一斉自死が始まった

まあ、新型コロナウイルスは、そもそもどんなウイルスなのか、その性質がまだわかっていません。つまり、どんな専門家でも、この新型コロナウイルスのことは、ほぼわかっていないわけです。

そういう意味では、新型コロナウイルスの専門家はいないわけで、それに沿って考えれば、現在行っている古典的な政策は「闇雲」と言われても仕方ないとも思われます。

ヨーロッパなどが隔離封鎖をはじめて、それなりの日数も経っていますが、現状では以下の通りの指数関数的な爆発が継続中です。

<2020年3月26日までの24時間の新たな感染確認数と死亡者数>

出典:Worldometer

出典:Worldometer

オーストラリアやロシアなどの、これまで感染拡大が穏やかだった国や地域も爆発的な増加となってきています。オーストラリアでは、過去24時間で感染者が300人増加(総感染確認数5,888人)、ロシアでは、過去24時間で感染者が182人増加(総感染確認数840人)となっています。

そのような中で、「世界で唯一冷静な対応をとっていた日本」も、ついにこの方向に舵を切ったことで、世界一斉自死が始まったのかもしれません。

どなたも、今後の生き方を真剣に考える段階だと思います。

Next: 特にお若い方などは、これまで想定されていたような生き方、つまり、就職――

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー