トヨタ・ソフトバンク提携で感じた両社長の温度差。業界が驚いた裏事情と勝算は?

日本で時価総額首位のトヨタと、2位のソフトバンクが自動運転やライドシェアなど次世代移動サービス事業で提携。なぜ今、この2社なのか。その背景を考えます。(『らぽーる・マガジン』)

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2018年10月8日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

車を個人が所有する時代は終焉?トヨタが全力で生き残りに賭ける

豊田章男氏と孫正義氏ががっちり握手

日本の時価総額第1位と第2位の企業のトップ同士が、壇上で固い握手を交わしました。頻繁に飛び交ったのは、「モビリティー(mobility)」という言葉。移動手段全般のことを指すようで、モビリティーには「変動性」という意味もあるようです。

トヨタモビリティサービス株式会社の村上秀一社長のメッセージをホームページから拾ってみました。「自動車販売会社から、移動する人、企業のための会社」というタイトルが付けられた社長メッセージの冒頭部分です。

自動車産業が「100年に一度の大変革期」と言われる中、80年の歴史を持つトヨタ自動車は、「AUTOMOBILE COMPANY から MOBILITY COMPANY」へと、生まれ変わろうとしています。そして、私たち、トヨタモビリティサービスは、これからの社会に必要な「移動」という、人の、企業の、根源的な欲求にお応えするために生まれた会社です。

リース・レンタルを中心とした、「これまでの移動」だけでなく、社会や生活の急速な変化に対応した「これからの移動」のために皆さまに必要な、モノ、コト、そしてサービスを創造してまいります。

出典:社長メッセージ – トヨタモビリティサービス株式会社

トヨタが「家電見本市」で自動車を展示

また、トヨタ自動車の豊田章男社長は1月9日、米ラスベガスで開幕した世界最大の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で、「私は、トヨタを、車会社を超え、人々のさまざまな移動を助ける会社、モビリティ・カンパニーへと変革することを決意しました」と宣言しています。
※参考:CES 2018 トヨタプレスカンファレンス 豊田社長スピーチ | CORPORATE | トヨタグローバルニュースルーム

注目すべきことは、トヨタが家電見本市で自動車を展示したことです。

その自動車は、モビリティサービス専用次世代EV(電気自動車)と、電動化・コネクティッド・自動運転技術を活用したMaaS(マース)専用次世代EV「e-Palette Concept」です。

トヨタは、「移動や物流、物販など様々なサービスに対応し、人々の暮らしを支える新たなモビリティを提供する」としています。

Next: ホテルにも病院にもなる? クルマの枠を超えた次世代EVとは

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい