fbpx

伝説のディスコ『マハラジャ祇園』復活に想う、日本株バブル再来の条件=高梨彰

バブル期の象徴、祇園の高級ディスコ『マハラジャ』が復活するとのこと。ただ、相場の人間は「復刻版」のニュースを見聞きすると、経済の停滞を連想しがちです。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2017年9月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

バブルの象徴、京都祇園の『マハラジャ』が復活。株価はどうだ?

20年ぶりの「復刻版」

9月です。Septemberです。Earth Wind & Fireです。そういえば9月13日に、バブル期を代表する存在だった祇園の高級ディスコ『マハラジャ』が復活するとか。20年振りとのことです。アースのLet’s GrooveやBoogie Wonderlandなんかも流れるのでしょうか。まさか「恋ダンス」は無いでしょうし。

相場の人間として「復刻版」のニュースを見聞きすると、経済の停滞を連想しがちです。事業展開の範囲がある程度想定できてしまうためです。しかしこのニュースを目にしたとき「おっ」と見入ってしまいました。あくまで個人しての感覚ですが、それだけ目新しい話題が乏しいかと。

見慣れすぎた日経平均構成銘柄

日経平均株価の構成銘柄一覧を改めてみると、それこそ「復刻版」です。新聞等でも目にしますが、どの企業も伝統や実績はありながら、一見するとそれだけで終わってしまいます。本当は昔とは異なるビジネス展開をしている企業も多いのに、225銘柄すべてが馴染みのある企業だと、そんな多角化も霞んでしまいます。

だからこそ新興企業への投資が大切となるのですが、市場が小さいままです。一方で、新興企業でも日経平均に採用されれば、自動的に売買高は増えます。知名度も上がります。しかも日経平均株価の鮮度も上昇します。

日経平均株価には先物もあり、先物オプションの取引も活発です。「TOPIX(東証株価指数)が本当の日本株の実力だ」とおっしゃる声も耳にしますが、日経平均株価の知名度とインフラの充実ぶりには敵いません。

日経平均2万円」と聞けば、人々も「おーっ」くらいの明るい声は出してくれるはずです。反対に「いやTOPIXはもう1700だ」と言ったところで、ほとんどの人は「???」ではないでしょうか。

祇園の『マハラジャ』が舞妓さんとのコラボだけでなく、現代との「ケミストリー」を起こせば、『マハラジャ』のブランド力がさらに引き立つはずです。日経平均株価にしてもそのネームバリューを下地として、採用銘柄を今こそ100くらい入れ替えれば、過去の大幅入れ替えとは異なった効果が得られるのではないかと。合わせて株式分割でも統合でもやって寄与率の偏りも改めちゃえばいいのです。

なんて言っても、「大人の事情」が許さないのでしょうね…。ホントもったいないです。2万円を大きく超えない理由の1つであるはずなのですが…。

【関連】パチンコの出玉規制強化で起こる変化を「シャープレシオ」で理解する=高梨彰

今回のまとめ

  • 『祇園のマハラジャ』と「日経平均株価」がかぶる
  • 『マハラジャ』も「日経平均株価」もブランド力はある
  • ケミストリーを起こす機会なのでは

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2017年9月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】起承転結で学ぶ、日本経済のバブル崩壊から異次元緩和までの歴史=東条雅彦

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

・「日経平均」にもケミストリーを(9/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

9月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

8月配信分
・株プットではミサイルも資産も(8/31)
・戦争を知らない低変動率たち(8/30)
・北よりもハリケーン(8/29)
・暴落本より大切な「本質」(8/28)
・ダイナミックさを求める中銀(8/25)
・米国債償還なんて気にしない(8/24)
・日本の金融界とテレビ業界(8/23)
・空売り比率上昇中(8/22)
・話がピーマン(8/21)
・米5年国債が語る(8/18)
・トランプとイナゴ(8/17)
・米小売、ネットの存在感一段と(8/16)
・次のテーマは何でしょう(8/15)
・日本GDP、「残念な回復」(8/14)
・グアム知らない米国人(8/10)
・損切り出来ないドカ買いの副作用(8/9)
・安定という不安定(8/8)
・ボラティリティ(変動率)指数もまたもや下げた(8/7)
・米経済にも「減速」はある(8/4)
・「AIによる資産査定」が届きました(8/3)
・債券の方がバブル(8/2)
・ワンチャンスを待ってみる(8/1)

7月配信分
・実とみね子と変動率(7/31)
・果てしない(7/28)
・Fedと「除く金融・高配当株」(7/27)
・FOMC後、ユーロを基準に(7/26)
・FOMC気にするのは(7/25)
・花火大会休止と実質金利高止まり(7/24)
・そして何も動かなく(7/21)
・街は既に量から質へ(7/20)
・梅雨明け、相場は明けず(7/19)
・動かないお上のお金、効かないお上のお金(7/18)
・エゴで株高、規制でどんより(7/14)
・米金利上昇を抑えるトランプ(7/13)
・アルゼンチン100年債に思うこと(7/12)
・パチンコとJGBと(7/11)
・不動産、時計回りの終点へ(7/10)
・日銀の「誇大広告」(7/7)
・景気後退の条件にピッタリ(7/6)
・結局「全て先送り」かも(7/5)
・製造業のコメント「強い」です(7/4)
・都議選よりクローズライン(7/3)

6月配信分
・株安・債券安と物価上昇率(6/30)
・サイバー攻撃を実感(6/29)
・「私たちの時代」って、いつ(6/28)
・相場の息苦しさと騒音と(6/27)
・高値警戒感燻る中での「出口論」(6/26)
・1面に「デフレに強く」(6/23)
・上昇しないインフレ率、上昇しない生産性(6/22)
・原油安+世界経済拡大(6/21)
・「一強」、歴史は「崩れるときは一瞬」と(6/20)
・都議会選、既に佳境(6/19)
・FPの記事に思うこと(6/16)
・Fed利上げ、長期金利低下要因かも(6/15)
・FOMC声明文、読んでみませんか(6/14)
・米FOMCを控え、待ちモード(6/13)
・略語が出ると、頂上近し(6/12)
・結局「FOMC後の米株」(6/9)
・中東情勢緊迫、でも原油5%安(6/8)
・イベントへの警戒も大切ですが(6/7)
・日本市場、梅雨入り間近(6/6)
・株はしぶとく、ドル円脆く(6/5)
・おこぼれ相場で2万円(6/2)
・6月、けっこう動きそう(6/1)

【関連】北朝鮮がFXで大儲け?「将軍直属ディーラー」の噂と金正恩の狙い=今市太郎

【関連】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」マーケットは最終局面、大変動の直前にある(動画付)

【関連】1987年10月19日「ブラックマンデー」の思い出と教訓=石川臨太郎

高梨彰『しん・古今東西』』(2017年9月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額864円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい