fbpx

平成バブル崩壊の思い出。校長先生が朝礼で中学生の僕に話したこと=東条雅彦

私が中学校1年の時に行われた全校朝礼の話は忘れられません。日経平均株価は1989年の大納会(12月29日)に終値の最高値38,915円87銭を付けました。これがバブルのピークで、その後、滝から落ちるような大暴落が待っていました。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

全校生徒が一斉に「ざわ…ざわ…」忘れられない校長先生の話

バブル崩壊~たった9か月で半値近い水準にまで暴落

私が中学校1年の時に行われた全校朝礼の話は忘れられません。

日経平均株価は1989年の大納会(12月29日)に終値の最高値38,915円87銭を付けました。これがバブルのピークで、その後、滝から落ちるような大暴落が待っていました。

湾岸危機と原油高や公定歩合の急激な引き上げが起こった後の1990年10月1日には、一時20,000円を割れました。たった9か月あまりで半値近い水準にまで暴落したのです。

【関連】大蔵省証券局と三重野日銀の大罪 平成バブル崩壊の真相(前編)=山崎和邦

1993年末には、日本の株式価値総額は1989年末の株価の59%にまで減少しました。

1989年12月(日経平均株価:38,915円)……私が小学校5年の時
1990年4月 (日経平均株価:28,002円)……私が小学校6年の時
1991年4月 (日経平均株価:26,007円)……私が中学校1年の時
1992年4月 (日経平均株価:18,582円)……私が中学校2年の時
1993年12月(日経平均株価:17,417円)……私が中学校3年の時

校長先生が僕たちに語りかけた日本の未来

当時は気づきませんでしたが、私はちょうどバブル崩壊のドサクサの時に小学校を卒業しました。

中学校に入って、最初の全校朝礼の時の校長先生の話。文面を全て覚えているわけではないのですが、ざっくりとは次のような話がありました。

校長先生
「今、日本経済が危機に直面していて、もしかして君たちのお父さん、お母さんの中で失業する人が出てくるかもしれない。これから日本の社会は大変なことになる!そういう環境にあるということを頭に入れて、家族の人には気遣ってほしい」

みたいな話です。

実際はもうちょっとオブラートに包んだ言葉遣いで校長先生は話していたはずですが、とにかく衝撃を受けました。全校生徒が一斉にカイジなみに「ざわ…ざわ…」となったのです。だから、あの時の雰囲気はよく覚えています。

学校の朝礼で唯一、私の記憶に残っているエピソードです。おそらく学校の先生たちも相当な危機感を持っていて、子どもには無関係かもしれないが、伝えておかなければと思ったのでしょう。

ただ、実際には数値的に確認できる「バブルの崩壊」と体感的な「バブルの崩壊」には、数年程度のズレがあると言われています。

Next: バブル崩壊、それを僕が「体感」したのは2001年だった

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい