fbpx

平成バブル崩壊の思い出。校長先生が朝礼で中学生の僕に話したこと=東条雅彦

バブル崩壊が効いてくるのは5~7年後から

不良債権問題や株価低迷によって大手金融機関が次々と破綻に追い込まれたのは、1997~1998年頃にかけてでした。5~7年ぐらいのタイムラグがあるのです。この年数は赤字が続いて、内部留保を減らしながら、企業がなんとか凌げる年数とも言えます。

当時、すぐに影響を受けたのは新卒の就職でした。当時の就職率をグラフで確認すると、一目瞭然です。就職率が80%だったのが、バブル崩壊直後から滝から落ちるように下落が続き、1997年には60%を割り込みます。

私が就職した2001年には、就職率が55%近くまで落ちました。どうりで就職活動が困難を極めたわけです(笑)。

中学1年の時に語っていた校長先生の話は完全に真実でした。1991年のバブル崩壊は社会が変わる転換点でした。今もその影響下で日本経済は推移していて、まだ転換していないと個人的には厳しい見方をしています。

【関連】勝負に勝って戦いに負けた舛添要一 品格なき知性、奸計による挫折=吉田繁治

【関連】ユーフォリアの中の醒めた目、株価暴落を見通した人たち 平成バブル崩壊の真相(後編)=山崎和邦

1 2

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2016年6月12日号)より抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー