fbpx

ツイッターも活用!超短期売買手法「スキャルピング」早わかり=Bコミ

細かい売買を積み上げて利益を狙う「スキャルピング」は、リスクを抑えながら、資金が少ないトレーダーでも回転を効かせられるのが魅力。この記事では、スキャルピングでは具体的に何を見ながら売買すればよいのか、どんな条件の銘柄が適しているのかなどの基本を『億の近道』に寄稿する「Bコミ」氏が分かりやすく解説します。

スキャルパーは何を見て売買しているか?実践的・超短期売買講座

1時間半に57回トレード、結果は54勝3敗

「スキャルピング」とは細かい売買を積み上げる手法である。

この手法は保有時間が短く、損切りも数ティックで行うため、リスクを抑えて売買ができることから資金の少ないトレーダーに支持されている。

制度面でも追い風になっており、2013年1月1日から信用取引に関する規制が緩和され、決済を行うと信用余力が回復し、無限に回転できるようになったこと、手数料の引き下げ等によりコストが下がったことから、現在はスキャルピングに適した相場環境だと思う。

私はスキャルピングの技術をディーラー初期に身に付けていたが、大きな資金の運用には向かないため、それ以降は使うことはなかったが、最近になってトレードを学びに来る受講者さんのリクエストで見せることが多くなった。

11月12日(木)の午後に、弟子のドカン君と受講者さんに見せながらクルーズ<2138>を売買した。

  • 後場の1時間半に57回トレードをして結果は54勝3敗
  • 勝ちは20万8600円、負けは2900円

スキャルパーは何を見て売買しているか?

スキャルピングについて「何を見て売買しているか?」という質問が一番多い。スキャルピングで大切なのは「」と「需給」である。

スキャルピングでチャートを重視している人がいるが、私は板の方が適していると思う。場面に応じた瞬時の売買の判断が必要なため、チャートを見ている暇はないからだ。

勝率が高そうなチャートの形になってから売買のアクションを起こすと間に合わないし、他の参加者と同じタイミングで売買することから勝率が落ちるため、数手先を想像して買うことが高い勝率、値幅を獲得する基本だと思っている。

その一歩として、買いが優勢になりそうな板のパターンを日々の売買で多数記憶しておくことが大切だ。

Next: 板のパターンを記憶する方法/適した銘柄の選び方

1 2

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい