fbpx

ファーウェイ排除、真の狙いは中国から「ドルを奪う」こと?中国弱体化シナリオとは=天空の狐

ファーウェイが米中貿易戦争の槍玉に挙がった。中国への経済的打撃や5Gの覇権争いなど、問題の表層を見ればただの一企業の規制に思える。しかし実態は違うのだ。(『「ビットコイン&グローバルマーケット」by天空の狐 ミニ版メルマガ』天空の狐)

※本記事は有料メルマガ『「ビットコイン&グローバルマーケット」by天空の狐 ミニ版メルマガ』2019年5月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:天空の狐
IFTA国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト、日本人で唯一のESTA名誉会員、現職ヘンリー・ビジネス・スクール ヘッジファンド・プログラム、国内AI企業のアドバイザー Python・MT4・MT5自動売買&裁量AIトレーダー。テクニカル分析やアルゴリズム・ストラテジー開発に従事。

情報には裏と表がある。ファーウェイ規制がもたらす大打撃とは?

槍玉に挙がった「ファーウェイ」

米中貿易摩擦の渦中に巻き込まれた中国企業ファーウェイ。

貿易摩擦の解決のためにファーウェイが規制されたことで、中国はインフラ関連企業を通じて経済的な打撃を受ける

これはもちろん、次世代通信網「5G」の覇権争いでもある。情報管理をどの国がするのか?これが外交カードの一部になっている。

表層部分を読み取る情報からは、一企業の規制に見える。しかし、実態は違うのだ

狙いはドルの回収

米国は、中国からドルを回収しているのが真実だ。

中国は人民元を世界に配りながら、中国の覇権構造を強め、一路一帯へと経済的な影響力からGDP世界第2位にまで成長した。

そこから大切なのは、世界の基軸通貨ドルとの関係だ。ドルと人民元のパワーバランスを変えるために、人民元が世界に回りだして貿易摩擦が生まれた。

今回は、一企業との取引を規制することで、ドルと人民元の2つの分断を図っているのが実情だ。

中国国内のドル不足により、国外活動が弱ってゆく算段だ。

米中が互いに関税報復を繰り返し、結局は互いに25%課税をしていく先には、互いのマーケットの縮小がある。

人民元とドルの交換が減れば、国内の人民元に対するドルが不足して、世界貿易への力が弱ることなる。

ドルが足りなくなれば、中国国債を無理にでも発行して、貿易国に売り渡し、ドルを手にする。貿易国はパワーゲームとして中国よりも有利になり、結果として、中国は国内の力が弱まってゆくことが真相だ。

Next: 中国でハゲタカファンドが次々と誕生?どの情報にも裏と表がある

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい