fbpx

損失確定売りが止まらない仮想通貨!再び上昇トレンドに戻るのはいつなのか=大平

ビットコインが40万円のラインを割り、レジスタンスラインは35万円まで下落しました。この下落の要因は?いつまで下げ続ける?気になるポイントを解説します。(『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』大平)

※本記事は有料メルマガ『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』2018年12月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ビットコイン、ネムをはじめ、仮想通貨はいつ下げ止まる?

一段落下落が進んだ、ビットコイン。さらに下げるか?

現在ビットコインは先週と同じ価格帯であり、一時35万円のラインまで落ちましたがその後直近で反発して39万円前後となっています。

btc1217

当メルマガで先週お伝えした40万円のラインは割り、現在レジスタンスライン(買いの圧力)は35万円と見て取れます。一段階下落が進んだというかたちです。

短期的なトレンドライン(斜め線)については短期で上抜けてきてますが、大きなトレンドで考えると上へ大きく抜ける力強さはなく、この価格帯で停滞するので、さらに下に下げるか?といった感じです。

以前からセリングクライマックスで一気にビットコインが大きく下げると言われていますが、一つの要因としてマイナーの損益分岐点があります。

通常損益分岐点は6,000ドルくらいと言われていました。

この水準(約65万円)までいくと価格が上へ跳ね返っての繰り返しを続けていましたが、
ビットコインキャッシュのハードフォーク問題より一気に抜けて45万円へ下落しました。

通常マイニングをするマイナーはマイニングすることにより、ビットコインが報酬としてもらえることになっていますが、ビットコインの価格が下落していくと、電気代などのコストが上回り、マイナーが保有しているビットコインをどんどん手放すことになってしまいます。

セリングクライマックスの要素の一つが、マイナーが一気にビットコインを売りに出すことと言われています。

セリングクライマックスについては、その後大きな買いが入りトレンド転換するとは一般的には言われています。

損益確定の下落要素

先週からお伝えしているように、私も昨年1月にコインチェックに預けていたネムが日本円で返ってきたため、その分の利益が課税されることになりました。

またその返ってきた日本円でネムを少し買い戻しましたが、それも、その時点から大きく下落をしています。

買い戻し価格が40円から50円でした。

ですが、現在のネムの7円の価格で損失確定をして、利益分を相殺して納税を少なくすることを行なっています。

それ以外にもモナコイン、トロン、ビットコインキャッシュ、コムサなど大きく下げた通貨については、損失を確定して、売って買い戻す作業を行なっています。

コインチェックでは昨年500億円ものネムが流出して日本円で返ってきました。その日本円をそのままもらった人もいるかもしれませんが、そのうちの一部や全てでネムを買い戻した人も多くいると思います。

そういった人たちは、ネムを損切りする必要があります。コインチェックの返金で発生した利益分を減らすためです。

この作業でネムが他の通貨に比べて下げていることも要因としてありますし、相場全体が12月に下落したのも、損失確定での売りでの下落の要因もあると思います。

もうすぐ年末です。1月に入ってからどのように相場が変化していくか引き続き注視していきます。

Next: 仮想通貨の関係者は、これからの相場をどのように見ているのか…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい