fbpx

天底を見極める!「ローソク足」の必修チャートパターン9つ=清水洋介

相場の動きを探り、買い時・売り時を判断するのに役立つ「チャート分析」。今回は株・FX初心者の方に向けて「ローソク足」の読み方や活用法を証券アナリストの清水洋介さんが解説します。(『投資の視点』清水洋介)

筆者プロフィール:清水洋介(しみずようすけ)
大和証券、外資証券会社、外資系オンライン証券会社などを経て、証券アナリスト「チャートの先生」としてテレビ・雑誌等で活躍し、現役ディーラーとして日々相場と対峙している。 日々是相場や講演などを行っている。2014年5月株式スクール開校。

組み合わせで「底値」「天井」が見えてくる!チャート分析の超基本

1. 底値圏で出現する典型的な足型(4種)

ローソク足の形を見るということは、株価がどのように動いたかを見ることになります。上昇して行く可能性の高い形がありますし、また一つのローソク足の形だけではなく、組み合わせてみると、(出現する場所によって変わることもありますが、)上昇を始める時に現れる形や底値を示す形というものもあります。

「底値」となる可能性のある形が出るということは、「売りが出尽くした」あるいは「売りたい人よりも買いたい人が多くなった」という形になるということなのです。ですから、ローソク足の形だけではなく組み合わせを見ていると、底値が見えるということになります。

それでは、底値圏で出現しやすい形を見て行きましょう。「あだ名」がついた形も多いので、ぜひ覚えておきたいものです。

1-1. 「たくり足」
狭義では寄り付きから安く、下ヒゲが長く実体の小さな陰線を指しますが、陽線であっても、実体が多少長くても下ヒゲさえ実体より十分に長ければ、一般に「たくり足」と言います。相場が十分に下落したところで出るものを言い、特に出来高が伴っていれば絶好の買い場となるとされています。出来高を伴い(前日よりはるかに多く)陽線であれば、底である可能性は非常に高くなります。

たくり足

たくり足

1-2. 「切り込み線」
前日の大き目な陰線の中心を上回る大陽線となった場合、売り一巡と考えられ「かぶせ線」とは逆で長期下落相場の後ならば買い転換となることが多いとされます。また、陽線が切り込んでいる度合いによって「あて首線」「差し込み線」「入り首線」などという場合がありますが、「売りが出尽くした」あるいは「売り手以上の買い手が表れた」ということであれば、足型の意味は同じと考えていいものと思います。

切り込み線

切り込み線

1-3. 「包み足」
「抱き線」とも言います。天井を示す足型としても取り上げますが、前日の陰線や陽線とは逆の、しかもその値幅を全て包む大陽線または大陰線を引いた場合を言います。安値圏での出現は買いとされます。特に、長期下落トレンドの時を「抱きの一本立ち」といい、重要な買いのポイントとされます。

包み足

包み足

1-4.「毛抜き底」
これも天井圏で現れる「毛抜き天井」の反対の形です。英語では「ダブルボトム」と言われるものです。前日安値と当日安値が同じ、毛抜きの形に似ているのでこう言われます。連続した安値で なく1〜2日おいた場合でもこう呼ぶ事もあり、直前の安値を割り込まないことから、底堅いと考えられます。

毛抜き底

毛抜き底

Next: 「高値掴み」を回避 天井圏で出現する典型的な足型

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい