fbpx

勝負に勝って戦いに負けた舛添要一 品格なき知性、奸計による挫折=吉田繁治

舛添都知事が辞任の意向を示しました。自民党による不信任案に発展した原因は、本人の対応の拙さにあります。当初から「自分の嘘は見破られない」との過信がありました。(『ビジネス知識源プレミアム』吉田繁治)

※本記事は有料メルマガ『ビジネス知識源プレミアム』2016年6月15日号を一部抜粋・再構成したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

「自分の嘘は見破られない」過信で墓穴を掘った舛添氏

策士、策に溺れる

リオデジャネイロオリンピックが終わる9月までは、無給でも続けさせてくれと泣いて頼んだ舛添東京都知事でしたが、不信任案提出を止めることはできず、ついに辞任の意向を示しました。

時間を戻すことはできませんが、支持母体である自民党による不信任案に発展した原因は、本人の対応の拙さにあります。当初から「自分の嘘は見破られない」と判断していたのです。

【関連】私マック赤坂が都議会に乱入した理由、拘束されて考えた「舛添後」の政治

頭がいい」ことを自任する嫌味は、舛添要一氏の幼少からの基本性格です。嘘を言っているという意識ではなく、法の抜け道を探すということだったのかもしれません。

「頭がいい」とは、
(1)事実の記憶量の多さ
(2)事実および事実の認識から浮かぶ想像を、言葉(一般概念)にして論理化する能力の高さ
でしょう。

小説家は、観察したことと想像したことを概念(言葉)にして書いています。考えながら書く論文も同じです。小説も論文も、その中の個々の概念が、論理でつながっています。

舛添氏の論理化能力の高さが、普通なら言い逃れができないことへの言い訳・嘘を作り、それとは反する事実が明るみになって、悲惨なまでに論理崩壊したのが原因です。才は、才で倒れます。

得意と自認していることが、人を滅ぼすことが多い。健康に自信があり、無病息災で病院に行ったことのない人が、知らぬ間に症状が進み突然死するようなものです。企業も同じです。自信が慢心になり、企業を滅ぼします。品質の企業は、品質への慢心で滅びます。

検事は、社会的な立場の高い人、誇り高い人、頭のいい人を自白に落とすのは簡単と言います。一点の論理矛盾を突き付けると、全面崩壊するからです。矛盾を突き付けられても平気な人は、最後まで自白しない。舛添氏にとってのそれは、スパホテルでの数十万円の支出でした。

「舛添要一」という人格の成り立ち

「頭がいい」そのコアの周囲に、巻き付くように舛添氏のキャラクターは作られてきました。こうした人物はプラスのことで能力を発揮する場合もあります。しかし都合の悪いことを追及されると、自分の行動を瞬時に正当化し、言い逃れるための奸計(かんけい:わるだくみ)を作ってしまいます。この奸計と事実の矛盾が、自滅的な失敗を生みました。

舛添氏にもっとも近かった親族とかつての夫人、そして自民党の政治家たちから評判が悪いのは、言い逃れるための奸計が多かったことを知っているからでしょう。

品格のない知性が発達したのが舛添氏でした。品を欠いた知性は、ナチスの天才ヨーゼフ・ゲッベルスのような安全装置のない銃です。いずれ自分を滅ぼします。

舛添氏は、東京大学法学部での4年間の成績が全部「優」だったようです。全優を取るにはコツがあります。必要な単位よりも多くの講義を受講し、ダメなものは「不可」になるように答案やリポートのレベルを下げる。あるいは試験に出ない。

この大学の成績は、優、良、可、不可の4段階ですが、良と可をとらないようにします。当時は、相当の出席があれば必ず優をくれる教授も多かった。休講も頻繁でした。全優は、就職での有利を保証します。(※編注:筆者の吉田繁治氏は東京大学仏文科卒)

政治資金の支出を見ると、全優の成績に恥じず、普通なら行わないことまで実に細かく、本人としては巧妙なつもりで行っています。これが他のすべてを代弁しています。

Next: ディベート上手が裏目。とっさに思いついた反論が命取りに

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい