fbpx

行動経済学者が説く「無理なくお酒やタバコの量を減らす」心理テクニック=ゆうきゆう

あなたは何か、やめたくてもやめられない習慣を持っていますか?または何かをしようとしても、うまく行動できないことってありますか?今回は、そんなあなたのヒントになる話をしましょう。(『★セクシー心理学GOLD 〜最先端の心理学技術★』ゆうきゆう)

イヤな自分とさようなら。「なりたい自分」になれる逆転の発想

禁煙したいなら、毎日同じ本数のタバコを吸え!?

実は行動経済学者のハワード・ラクリンは、

「ある人のタバコを吸う本数を減らさせたいのであれば、『毎日同じ本数を吸う』ように指示すればいい」

と述べています。このように指示すると、「減らすように」と言われていないにも関わらず、タバコを吸う本数は減っていくそうです。

【関連】お金持ち男性に好かれる女子はどっち? おごってもらう女 vs 自分で払う女

なぜなら、「吸ってはダメ」と言われると、

今日だけは吸おう
明日から頑張ろう

というように、ついつい「今日だけ」と考えて、たくさん吸ってしまうそうです。

しかし当然ですが、同じことが明日も明後日も起こります。結局、毎日「今日だけ」になってしまうので、総合的な本数はどんどん増えてしまいます。これ、ものすごく気持ちは分かります。

そもそも「今日は吸わないでおこう」と何とか考えたとしても、「昨日の俺は吸ったのに、なんで今日の俺だけ」という気持ちになってしまいます。そのため、反動的に吸ってしまうのではないでしょうか。

結局「今日だけ」というのは「エンドレス」を意味するのです。

「今日も明日も同じ本数を吸う」と考えることの効果

しかし「今日も明日も同じ本数を吸う」と考えたらどうでしょうか。

たとえば今日5本吸ったら「明日も5本」。10本なら「明日も10本」。20本なら「明日も20本」となります。そう思うと、今日の1本に、かなり重みが出てくるのではないでしょうか。

特に「今日の俺が我慢して減らせば、明日の俺も同じく減ることになる」と思えます。すると「苦しいのは自分だけ」という気持ちも減ってくるはずです。

すなわち「これからもずっと同じ」と思うことで、何より大切な今日を律することができるわけです。これ、1つの重要なテクニックだと思うのですが、いかがでしょうか。

「減らせ!」
「これをしちゃダメだ!」

と思うよりも、ずっとスムースに、気持ちを変えていくことができるはずです。

Next: お酒やネットにも応用/実は誰かの指示がなくても実行できる

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい