fbpx

私マック赤坂が都議会に乱入した理由、拘束されて考えた「舛添後」の政治

私は過去に10回以上の選挙にでています。当選回数はゼロです。しかし決して遊びで出ているわけではありません。世の中を自分の政治信念に基づいて本気で変えたいと思い続けています。(マック赤坂)

プロフィール:マック赤坂(まっくあかさか)
政治活動家、実業家、セラピスト、美容研究家。1948年、名古屋市生まれ。京都大学農学部卒業。伊藤忠商事退社後にレアアースの輸入商社「株式会社マックコーポレーション」を設立。財団法人スマイルセラピー協会会長、スマイル党総裁。過去3度の東京都知事選、大阪市長選立候補の他、出馬のたびにユニークな政見放送が話題となり注目を集めている。

都民よ立て!悲しみをスマイルに変えて、立てよ都民!

私が都議会の傍聴席で叫び、取り押さえられた理由

舛添氏は一連の政治資金の公私混同について、政治資金規正法に違反したか否かということを強調し自身を正当化しようとしました。しかし、都民や国民の感覚からすれば、公私混同が常習的であった時点で、すでにアウトです。

【関連】いつまで安全?「リスク回避の円買い」に走る外国人のナニワ金融道=東条雅彦

都知事としての立場からの会見ではなく、都民、国民からの目線での会見を行わなければなりませんでした。それにもかかわらず、舛添氏は当初、謝罪することもせず、きちんとした説明責任もはぐらかし、その言動すべてから知事としての品格、素質、能力、信用を失っていきました。

最終的には給与を50%カットの打診から、100%カットまでもっていきましたが、不信任案可決見通しで自らの辞職にいたりました。

すべてが後手であったのは、都議会議員や都民、国民に対して自身の保身を第一とした駆け引きをしていたためであり、問題発覚時に、素直に謝罪し、給与全額カットを打ち出していれば状況は万が一にも変わっていたかもしれません。

日本人たるもの常に素直で潔くあれ!

終盤には家族や子供たちのことを引き合いに出し、最後の最後まで見苦しさをみせました。最後の吐きゼリフ「公明党にやられた!」は、もはや反省のよしはありませんね。

ただし、今回の舛添氏の件は国民の大多数の方々が批判されていることでしょう、だから私は都議会に傍聴人として出席し、舛添氏に対して叫んだのです。

「舛添さんお疲れ様でした。ゆっくりお休みください。あとはマック赤坂に任せてください」

と、だれにも言えない、言いにくいことを私は最後に舛添氏に言ってあげたかったのです。

舛添「茶番劇」による大損失

舛添氏の今回の辞職により後任の都知事選挙がおこなわれます。その選挙費用として約50億円がかかりますが、もちろんその費用も今の都政にとっての支出は大きいですが、それよりも都庁に対する苦情が30,000件以上あったという、いわば都政に対する都民のさらなる信用の失墜が大きかったはずです。

お金は取り戻すことができますが、一度失った信用を取り戻すのはなかなか難しいものです。

そしてこの問題は国内だけにとどまらず、リオデジャネイロ五輪、そして4年後の東京五輪オリンピックにも影響を及ぼすことにもなりました。

そしてなによりも舛添氏の政治資金の公私混同問題が辞任だけにとどまり、百条委員会が自民党、公明党に否決され事実解明にはいたらずに幕を引くあたりが、相変わらず都民、国民をさらに疑心させる結果となりました。

明らかに、舛添氏と自民党、公明党の間に何かしらのやり取りがあったことは明白です。今後は都議会議員すべての政治活動費も調査する必要があります。

Next: 「都政を取り戻す」唯一の方法/なぜ私は選挙に立候補し続けるか

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい