fbpx

【2月米雇用統計】新型肺炎でも雇用は悪化せず?良くても悪くても止まらぬドル安=ゆきママ

不安定な相場が続いています。先週、ダウ平均が史上最大の下げ幅を記録したかと思えば、今週は史上最大の上げ幅を記録し、連日1,000ドル近い乱高下が続いています。もはや市場は混乱気味、疑心暗鬼に陥っていると言えるでしょう。

そして、そんな中で迎える今日の雇用統計は果たしてどうなるのか、いつものよう現在の状況を振り返りながら、詳しく解説していきます。(FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

今夜は1ドル=105.00〜106.50円を想定。有効なトレード戦略は?

FRBの緊急利下げを消化しきれないまま利下げ織り込みが続く

FRB(米連邦準備制度理事会)は3日にFOMC(米連邦公開市場委員会)を緊急開催し、0.50%の金利引き下げを決定しました。

新型コロナウイルスによる混乱に加え、これが消化不良を引き起こして、非常に不安定な相場が続いています。

緊急利下げは異例中の異例であり、しかも0.50%という大幅な利下げを行った後というのは、経済のパフォーマンスが非常に悪くなることが知られています。

0.50%という大きな利下げをしなければならない事態というのは、かなり経済が危険な状態にあることの裏返しであるため、その後のパフォーマンスは悪くて当然なのですが、問題は今回もそうなってしまうのではないか、という疑念を市場が抱いてしまっていることです。

要は緊急で0.50%も利下げしたのだから、米国経済は相当怪しいのではないか、見通しは暗いのではないかという見方に急激に傾いているわけです。

したがって、今回の雇用統計が予想を大きく下回るようであれば、米経済の先行き不安ということで、市場が一段とリスクオフ(回避)姿勢に傾く可能性がありますから、最大限警戒しておきましょう。

Next: 先行指標はまずまず良好。雇用統計もしっかりした数字が期待されるが…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー