fbpx

新型コロナ対策、なぜ子どもだけ?まさか年金・医療費削減のために高齢者を見殺しか=今市太郎

新型肺炎対策の一斉休校が始まる中、完全に無視されつつあるのが、罹患率・致死率ともに高い高齢者に対する対応です。厳しい言い方をすれば、安倍政権は新型肺炎対策では高齢者を完全に見殺しにしようとしているとしか思えない状況に陥りつつあります。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年3月5日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

児童143万人が「給食ナシ」に困窮?

安倍首相が突如として打ち出した、要請なのか強制なのかよくわからない全国すべての小中高校と特別支援学校の春休みまでの臨時休校を受けて、実際に子どもたちは学校にいかない時間を過ごしはじめています。

もともと新型コロナウイルスは子どもの罹患率が決して高くないなかで、無理やり休校を決めた安倍首相の決断は、ややもすれば、新型コロナウイルス対策で「やっている感」を醸成するためだけに行った可能性もかなり高まっている状況です。

また給食が支給されないと全国で食べるのに困る子どもがなんと143万人も出現するという話はまさに驚愕の事態。

子どもの栄養補給がいまどき給食で支えられているというのは、もはや先進国にあるべき状況ではなくなっていることも垣間見えてきます。

満員電車やパチンコは制限しなくていいのか?

小学生まではある程度、親の言うことを聞いて休校で自宅待機しているのかもしれません。

しかし、都市部の盛り場には中学生以上の輩が徘徊する姿も見られるようになっており、首相が勝手に思ったほどの効果が得られるのかどうかは、まったくわからない状況に陥っています。

とくに若者だけに「カラオケに行くな」など、かなりの行動制限を課す動きが顕在化していますが、実はサラリーマンが通勤で使う満員電車や居酒屋のような料飲店での飲食、さらにパチンコ店での高齢者の遊行のほうがよほど危ないはず。

こうしたバイアスのかかった規制を平気で首相が口にするというのは、いかに好意的に理解しようとしてみても無理があるのは明らかです。

そんな中で、この新型肺炎騒動で完全に無視されつつあるのが、罹患率・致死率ともに高い高齢者に対する対応です。

厳しい言い方をすれば、安倍政権は新型肺炎対策では高齢者を完全に見殺しにしようとしているとしか思えない状況に陥りつつあります。

Next: まさか高齢者の口減らしで年金・医療費問題を一気に解決させるつもり?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー