fbpx

なぜWHOはパンデミック宣言しない?マスク不要まで言い出した裏にある歪んた事情=今市太郎

WHOはようやく新型肺炎の危険性評価を「非常に高い」という最高水準に引き上げました。それでも、一貫して「パンデミックの宣言ではない」と強調します。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年3月2日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

パンデミック宣言を拒むWHO

世界保健機関・WHOは2月28日、新型コロナウイルスによる肺炎の危険性評価をようやく「非常に高い」という最高水準に引き上げることを発表しました。

すでに感染者が中国以外で世界全体に波及していることを重視して、こうした発表を行ったわけです。

それでも、この組織は一貫して「パンデミックの宣言ではない」ことを何度となく強調しています。

中国における発症が大幅に拡大し、武漢が危機的な状況に陥った時も、WHOは常に中国政府の対応を評価するといった妙な忖度の働く発言を繰り返し、なんとも如何わしい雰囲気を漂わせていました。

彼らが頑なにパンデミック宣言を拒む理由は、実はまったく別のところに存在するようです。

世界銀行が発行した「CATボンド」に関連した動きという見方

米国の金融暴露サイトである『Zero Hedge』が2月後半に、極めて興味深い内容を掲載して注目を集めています。

それによると、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関である「世界銀行」が、2017年に緊急の疫病の流行に対する資金調達・通称PEF(Pandemic Emergency Financing Facility)のために、2017年に日本とドイツからの拠出金で保険料をまかなうかたちでおよそ4.25億ドル規模の「CATボンド(いわゆるカタストロフ債)」を発行しています。

今年の7月に、この債券の満期が到来することになっているそうです。しかし、パンデミックの大惨事が起こらなければ購入投資家は莫大な利益を獲得することができることから、(投資家からのなんらかの圧力があるのか、金融当局からの強い要請があるのかはまったくわかりませんが、)今パンデミックを宣言してしまうとこの債券はデフォルトに陥ることになり、当該債券を持つ投資家が大損害を被るだけではなく、それが引き金になってデリバティブ市場に多大な影響が及ぶことをあえて食い止めているのではないか?という見方も広がりつつあります。

Next: 7月までパンデミック宣言はしない? WHOが屈した見えざる力…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー