fbpx

新型コロナウイルスは人工的な生物兵器?陰謀論で片付けられない特殊性と迫る政変=斎藤満

猛威を振るう新型コロナウイルスが中国人の「ゲノム」を十分に研究したうえで人工的につくられたウイルスとの見方があります。陰謀論とは片付けられないその特殊性と影響について解説します。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

【関連】近づく令和大恐慌と「預金封鎖」なぜアメリカのために日本国民が血を流すのか?

※本記事は有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』2020年1月29日の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

安倍政権にも大きなリスク。今年の2大イベントにも影響が出る?

特殊なコロナウイルス

昨年12月に中国の武漢で症例が報告された新型コロナウイルス肺炎。

その後、今年1月下旬以降、急速に感染が拡大し、28日には感染者が4500人、死者も100人を超えました。一部の研究機関は感染者数が政府の発表よりずっと多い25万人、と言います。

当局は不安を広げたくないので実態より少なめに発表し、逆に政権を揺さぶる意図で甚大に出すものもあり、どちらが正しいか不透明です。

2003年にやはり中国で広がったSARS(重症急性呼吸器症候群)と対比されることが多く、当時800人近くが死亡したのと比較して、感染力が弱いとの楽観的な見方も少なくありません。

世界保健機関(WHO)も国際的な公衆衛生上の緊急事態との宣言を見送りました。

しかし、SARSの時もそうでしたが、感染者が中国人に特化していて、ここまでの患者のほとんどが中国人で、欧米人や日本人は感染していません(編注:原稿執筆時点)。その点、インフルエンザ・ウイルスとは異なる「特殊性」が見られます。

2003年当時は、自然発生的なウイルスではなく、中国人の「ゲノム」を十分に研究したうえでの人工的につくられたウイルス、との見方も提示されました。

2003年当時、中国の江沢民主席にはその情報が事前に入っていて、江沢民主席や党幹部は国外に退避していたとの指摘もありました。これも、人工的につくられた「生物化学兵器」説を裏付けるものと捉えられました。今回のウイルスにも同様の特殊性が見られます。

周到な計画性

もし人工的につくられたウイルスが武漢に撒かれたとすれば、タイミング、場所を考えると、実に周到に準備され、計画された行為と言えます。

潜伏期間が10日前後と言われますが、最初に発見されたのが12月で、そこから感染が広がると、中国の旧正月「春節」にぶつかります。

さらに、武漢は東西南北の地理的な交通の要所で、政治的にも重要な場所に当たります。しかも武漢は人口が1千万人を超える大都市です。

2003年のSARSは、最初に発見されたのは2002年11月で、当時は南部の広東省で見つかり、翌年になって広東省から香港、そして欧米に感染が広がりました。死者は800人近くに上り、江沢民政権は終わりを見ました。

今回は感染拡大がちょうど「春節」にぶつかり、習近平政権をターゲットに揺さぶりをかけた可能性も指摘されます。

これに対し中国政府は事実上武漢を封鎖し、公共交通を止め、人々の異動を制限しました。そのうえで春節休暇を3日延長し、さらに工場などは2月9日まで閉鎖し、感染を封じ込めようと「戦闘態勢」に入っています。

Next: 米国研究所の影が見え隠れ。仕掛けたのはトランプ陣営じゃない?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー