fbpx

世界同時不況の再来は確実。その時、日本人は無差別リストラで貧困層に落ちる=鈴木傾城

どこかの会社の正社員でいる人たちは今、その地位をいつか失うかもしれないと漠然と思い、不安を抱きながら生きている。当然だ。企業は冷徹になっている。次の業績悪化や経済ショックが、まさに自分の人生の転落になるかもしれない。どんな企業でも永遠に順風満帆というわけではない上に、経済的ショックも近づいてきているので、数年来のうちに「正社員」の誰もが人生の危機に陥っていく。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

【関連】税務署員は皆やっている!「扶養控除」で税金を裏技的に安くする方法=大村大次郎

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

正社員もばっさり切り捨て。底なしのリストラ地獄が始まっている

遠からず大きな経済ショックが来る

日本はいつまで経ってもデフレから抜け出せない状態になっているのだが、そんなところに日本政府は消費税を引き上げるような政策をしたのだから、内需はますます停滞し、企業は生き残るために商品を薄利で売るしかなくなる。

グローバル化も止まらないのだが、グローバル化もまた世界で最も安く商品を作って流通させるものなので、企業は競争力を維持するために薄利で売るしかない。

そうやって日本国内にはデフレは定着し、社会は停滞し、賃金は上がらない状態が続く。

そうした停滞が少子高齢化を悪化させているのだが、この少子高齢化もまた内需を停滞させる強大な「癌」である。

日本は二重にも三重にも経済の停滞要因が重なっている。

こうした中で次の大きな経済ショックが襲いかかったら、日本経済は瀕死の状態になってしまうというのは誰でも想像できることである。

次の経済ショックは「必ず」やってくる。全世界の実質GDP成長率は停滞しているのに金融経済はデリバティブで大きく膨れ上がっているのだから、バブルはいずれ破綻してしまうのは当然のことだ。

好調な米国株もいつかは吹き飛ぶ

アメリカの株価は、バフェット指数を見てもシラーPEレシオを見ても割高であることが分かるが、割高なものは何がきっかけがあれば吹き飛ぶのが世の中の掟(ルール)なのである。

NYダウ 月足(SBI証券提供)

NYダウ 月足(SBI証券提供)

いつ、それが吹き飛ぶのかは誰にも分からない。仮に実体経済に何らかのエンジンがかかって成長率が爆上げするようなことがあれば危機は回避できるかもしれない。しかし、今のところはそんな兆候はない。

そうであれば、遠からず大きな経済ショックが来るような状況になっているというのは覚悟しておくべきだ。

Next: 他人事じゃない。金融経済の破裂は大量リストラに直結する…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー