fbpx

「50代の無職男性」は危険人物? 自殺者とホームレスの統計から見えた日本の地獄=鈴木傾城

病気、失職、転職失敗、借金、無学歴、無資格、事故、怪我、障害……。誰でも何らかの問題を人生で抱え、誰でも路頭に迷う可能性はある。最近はリストラも恒常的に行われている。50代で職を失うこともある。50代で職を失ってしまうと、よほどのエリートでもない限り、新しい職はなかなか見つからないのが普通だ。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

【関連】税務署員は皆やっている!「扶養控除」で税金を裏技的に安くする方法=大村大次郎

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

ホームレスの前職はほぼ肉体労働者? 55歳を超えたら貧困へ…

「50代の無職の男性」に当てはまる人が自殺の危険が高い

平成31年3月28日に、厚生労働省社会と警察庁は『平成30年中における自殺の状況』を報告しているのだが、「何人自殺しているのか」ではなく「誰が自殺しているのか」に着目してデータを見ていると、興味深い実態が浮かび上がる。

2009年から2018年までのデータで、一貫して自殺者の多い性別は「男性」である。一貫して自殺者の多い年代は50代(50〜59歳)である。一貫して自殺者の多い職業は「無職者」である。

50代の無職の男性……。

これに当てはまる人が最も自殺の危険が高いということをデータは示唆している。
※参考:平成30年中における自殺の状況(PDFファイル) – 厚生労働省

職を失うと這い上がれない

病気、失職、転職失敗、借金、無学歴、無資格、事故、怪我、障害……。誰でも何らかの問題を人生で抱え、誰でも路頭に迷う可能性はある。最近はリストラも恒常的に行われている。50代で職を失うこともある。

50代で職を失ってしまうと、よほどのエリートでもない限り新しい職はなかなか見つからないのが普通だ。何とか職を見つけても、非正規雇用がせいぜいで、さらに条件の悪い低賃金の仕事になってしまう。

場合によっては肉体労働かもしれない。しかし、実のところ肉体労働をこなせるのは40代までがせいぜいで、50代の肉体労働はかなり苦しくつらい。

50代からはどんどん身体にガタが来るのだ。健康問題は原因が分かっている自殺者の自殺理由のトップでもある。健康を維持するのもカネが必要だが、仕事が見つからないのであればカネもないので健康も維持できない。

このあたりに「50代の無職の男性」の自殺率の高さが表れているのだと考える。

ところで、日本で「50代の無職の男性」を最も見かけるエリアがある。大阪あいりん地区の元ドヤ街である。さすがに今は道ばたにひっくり返って寝ているような人は少なくなったが、生活保護をもらいながらドヤに籠もっている。

Next: ホームレスの前職はほぼ肉体労働者? 55歳を超えたら貧困へ…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー