fbpx

日本人は現金に逆戻り?キャッシュレス普及を阻む「7月の壁」と中小店を襲う地獄=岩田昭男

10月にスタートしたキャッシュレス・消費者還元事業で、順調に脱現金化が進んでいます。しかし、この春は長くは続かないかもしれません。2020年7月に大きな壁があるのです。(『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』岩田昭男)

※有料メルマガ達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』好評配信中!ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:岩田昭男(いわたあきお)
消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学卒業。月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。著書に「Suica一人勝ちの秘密」「信用力格差社会」「O2Oの衝撃」など。

儲けがなくなったときが止め時?2020年7月までのお祭りか…

日本のキャッシュレス比率、30%へ届く勢い

10月に消費増税と同時にスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」。

複雑な仕組みで果たしてどれだけの人が利用するか心配されましたが、蓋をあけてみると、電子マネーやQRコード決済といったキャッシュレス決済がよく使われるようになりました

近くのコンビニでも「昼休み」にできていたレジの行列が「午後」にも、「夕方」にもできるようになっています。

大手コンビニなら必ず2%即割になり、しかもそれがレシートにきちんと記載されるので「お得」を実感できるからお客が集まるのです。

キャッシュレス決済の利用者数は全体的に増えており、楽天によれば「楽天ペイ」のアプリをダウンロードした人が、9月1日に比べて10月1日は10倍に増えたと言いますから驚きです。

いよいよキャッシュレスが本格的な普及に入ったといえるでしょう。

この調子でいくと、現在20%程度の日本のキャッシュレス比率は、早晩30%に届くと思われます。

ポイント獲得とキャッシュレス促進に躍起

それと同時に政府は、中小店に対して、クレジットカードや電子マネーの専用端末の設置に補助金を出して促進を図っています。

機材はほとんどタダで店舗はもらえる仕組みです。

加盟店手数料も平常3~7%といわれていますが、約2%まで引き下げて店に儲けが残るようにしてくれました。

そのため、キャッシュレスの手数料は中小店では、10月から来年6月30日までは、2.17%という低率で提供されています。

その影響で先進的な小売店は続々キャッシュレス化を始めています。

利用者としても身近な中小店で5%ポイント還元が受けられることに気づきだしたので、様々なキャッシュレスのツールを使って「お得」を獲得しようと躍起になっています。

Next: 中小店には地獄。2020年7月に来るキャッシュレス普及を阻む「大きな壁」

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー