fbpx

【2月米雇用統計】新型肺炎でも雇用は悪化せず?良くても悪くても止まらぬドル安=ゆきママ

良くても悪くてもドル安は止まらず?今夜の想定レートは1ドル=105.00〜106.50円

とにかく、市場の利下げ織り込み、米長期金利(10年債利回り)の低下が止まりませんから、これがドルの上値を抑制することでしょう。

再来週17-18日に行われるFOMCの結果を見ない限り、米金利低下による日米金利差縮小のドル安という流れは止まらないように思います。

また、良ければ良かったで、ある程度はポジティブな動きを見せるかもしれませんが、強い数字はコロナの影響前として、それほど重視されず、一方で弱い数字が出ると、悲観的な見方に拍車がかかって押し下げ要因となりそうです。

ドル円(日足)チャート

ドル円(日足)チャート

先行指標を踏まえれば、まずまず予想並みの数字が出ることが期待されますが、予想並み程度、あるいは相当に強い数字が出たところで、この急激な金利低下のトレンドが反転するとは思えず、ドル安は継続しやすいでしょう。したがって、ドル円の上値は常に圧迫されることになります。

そして、仮に弱い数字が出ればリスクオフの株安からの円高が想定され、雇用市場の悪化と受け止めて一段と利下げ織り込みが進んでおかしくありませんから、ドル安も重なることになります。

Next: しばらくは戻り売り・ショート戦略が有利?今夜のトレード戦略は…

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー