fbpx

正しく理解する「バブル崩壊」の歴史~暴落と調整を見分けるために=若林利明

東京株式市場を30年間強見てきましたが、暴落とされる相場は3回あったと思っています。人によって暴落の表現の意味・内容が若干異なりますが、今回取り上げるのは運用上の“皮膚感覚”とも言うべき私なりの定義です。以前にもこの内容に触れましたが“調整”との比較をしながら見ることが重要です。(『投資の視点』若林利明)

筆者プロフィール:若林利明
外資系機関投資家を中心に日本株のファンドマネージャーを歴任。現在は創価女子短期大学非常勤講師、NPO法人日本個人投資家協会協議会委員。世界の株式市場における東京市場の位置づけ、そこで大きな影響力を行使する外国人投資家の投資動向に精通する。著書:「資産運用のセンスのみがき方」(近代セールス社)など。

この株価下落は「暴落」か「調整」か?見分けるために大切なこと

暴落と調整の違い、私なりの皮膚感覚

暴落を特徴づけるのは特にその期間と下落率です。大雑把に高値からの下落率50%以上、暴落する期間が1年以上であることがその内容を決定づける主たる条件です。

暴落は当然その渦中に“暴落”と明確に分かるわけではありません。あくまで、後日振り返って理解出来るものと思います。

しかし、論理的ではありませんが、ただ何となく一過性でないことを肌で感じることがあり得ると思っております。

一方、暴落に似て非なるものに“調整”があります。この認識も非常に重要です。

暴落が生じた時、その最大の回避方法は撤退です。つまり株式投資から一端すべて手を引くことが最善の策です。期間の長さを暴落の条件としておりますが、それを1年以上としたことには大きな意味があります。

仮に暴落に遭遇した場合、個人投資家が自分自身の運用株式を、いわゆる塩漬けにして数年間触れずにおくことは良くあることです。

しかし、運用をビジネスとする機関投資家はそれが出来ません。1年以上の空白期間が予想され、顧客の決定が撤退ということになればそれは運用ビジネスの休業、あるいは閉鎖かもしれません。つまり商売できません。

“調整”と呼ばれる場合は市場の短期的修正と見ていることにより使われる用語です。市場の上昇スピードが速すぎてオーバーヒート状況になると「目先調整が必要」といった市場用語で説明する場合があります。

「暴落」の例

160204boraku

「調整」の例

160204chosei

全く自然に生ずる場合もあれば、経済指標の部分的悪化などをきっかけに生ずる場合もあります。要するに市場に一服感が満ちた時、誰かに背中を押され、それが引き金になるケースです。

Next: アベノミクス相場における「調整」/バブル崩壊と「暴落」の歴史

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー