fbpx

電力自由化にも新規参入、株主総会から考えるソフトバンクの未来=平林亮子

強気の借り入れと驚異的な投資効率により多分野で事業を拡大し続け、2016年4月から始まる電力の自由化でも注目を集めるソフトバンク。孫正義社長が掲げるビジョンや経営上の強み、今後の注目点について公認会計士の平林亮子さんが解説します。(『平林亮子の晴れ時々株主総会』

ソフトバンクの可能性を“株主総会マニア”の公認会計士が分析

いよいよ始まる電力の自由化、ソフトバンクは「電気割」も?

2016年といえば、なんとなく気になっていることが1つあります。それは「電力の自由化」について。

2016年4月から電力の自由化が始まります。電気は「発電所」で作られ「電力小売会社」が消費者に販売し「送配電会社」が実際の送配電について管理することで消費者に届けられます。

今回、発電と電力の小売りについて自由化されます。誰でも電気を作って売ることができるようになるわけです。

現在、一般家庭では、住んでいる地域によって自動的に付き合う電力会社が決まる仕組みになっています。東京に住んでいれば、東京電力から電気を買うしかない、という具合に。

電力の自由化が始まれば、東京電力以外の電力会社から電気を買うこともできるようになるというわけです。

そんな電力事業に新規参入しようと、色々な企業が名乗りを上げています。その1つがソフトバンク。

なお、2015年7月1日より、ソフトバンク株式会社はソフトバンクグループ株式会社へと社名変更、ソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンク株式会社へと社名変更をしていますので、以下、ソフトバンク企業集団全体を「ソフトバンク」、ソフトバンクグループ株式会社(旧ソフトバンク株式会社)を「ソフトバンクG」と表記することにいたしますね。

さて、ソフトバンクが電力事業に参入するとは言っても、ソフトバンクから電気を買うってなんだかピンと来ませんよね。でも、近い将来、ソフトバンクショップで電気の契約ができるようになるかもしれません。

そして、携帯電話の購入をする際、「電気割もありますが、いかがですか?」と薦められる日がくるのではないでしょうか。

ちなみに、ローソンも電力に参入するとのこと。コンビニで電気を買える時代になるということですね。

電力会社切り替えの具体的な手続きなどはまだ分からないことも多いのですが、自由化により電気を取り巻く環境が大きく変わることは確かでしょう。

かつては「電話といえばNTT」だったものが、様々な企業の参入により今ではNTTだけではなくなっているのと同じように、電力会社間の競争が起こることで、サービスが多様化していくのだと思います。

また、現在は国の審査を経て電気料金が決められますが、自由化になれば、販売価格もそれぞれの事業者が自由に決められるようになるとのこと。電気というインフラの問題ですから、「安かろう悪かろう」となっては困りますが、企業努力に電気を安く供給できるようになるのであれば、それはありがたいことです。

これを機会に、電気料金を見直してみるのも良さそうです。新しい電力会社に変えなくても、料金プランを変えるだけで安くなる可能性もあるようですしね。電力自由化に向けて、電気料金の診断をしてくれる企業も出現していますよ!

ソフトバンクGの株主総会(2015年6月19日)を振り返る

というわけで、今回はソフトバンクGの株主総会について。と言いつつ、実は私、もう何年もソフトバンクGの株主なのですが、株主総会に行ったことがありません(笑)ソフトバンクGは3月決算なので、株主総会が行われるのは6月。他の企業の株主総会と重なったりして、どうしても行くことができずにいたのです。

「それなのに、株主総会を語るのか?」という声が聞こえて来そうですが、ソフトバンクGの株主総会は株主でなくても垣間見ることができるのです。株主総会当日は、Ustreamを利用してインターネットで同時中継していますし、株主総会後は、株主総会の動画がウェブサイトにアップされるのです。

ご興味のある方は、是非、ご覧下さいね。1時間40分くらいです。このURLをクリックしていただき、スクロールしていただくと、動画へのリンクが出てきます。

見やすいように編集されていて、質疑応答についてそのまま流れるわけではありませんが、創業者で社長の孫氏のプレゼンテーションはビジネススクールの授業のように興味深く内容には夢もあります。

株主総会という閉鎖的な場を敢えて配信するという情報戦略もさすがです。社外にアピールしたい部分は、思う存分見せる。逆にその裏では見せたくない部分をたくさん隠しているのだと思いますが、情報発信力は本当に見事だと感じます。

動画を見る限り、株主総会の大半は孫社長の独演会なのですが(笑)、社長の言葉で面白いと思ったものをメモしておきます。

Next: ホラで終わるか、実現するか?印象的な孫社長の言葉の数々

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい