fbpx

Googleが不老長寿の薬を開発して、寿命が500歳になるかもしれない話=三浦茜

昨夏、Googleが持ち株会社Alphabetの設立を発表した際に、CEOのラリー・ペイジさんが Calico(キャリコ)という長生き研究の会社について言及していました。その発表を読むまで、Googleが長寿研究をしているとはつゆ知らず…でしたが、Googleが研究してるなら意外と近い将来の話なのかも?と思い調べてみました。(『Be Magnetic!』三浦茜)

プロフィール:三浦茜(みうらあかね)
まぐまぐ編集長、ライフハッカー[日本版]編集委員などを経て、現在はアーリーステージのスタートアップ企業を支援するベンチャーキャピタル『Scrum Ventures』でマーケティングVPを務める。山形県出身、2014年よりサンフランシスコ在住。

私が70歳を迎える頃には、「人生500年」時代が来るかも?

グーグル創業者ラリー・ペイジ「寿命は100歳まで延びる」

CalicoはGoogle XというGoogleが推し進めている“Moonshot”(月面着陸ロケット打ち上げのように壮大な挑戦)プロジェクトの1つ。

Googleが$数百million(=数百億円)を投じて作った“aging=老化”について研究している子会社です。

Calico

Calico

TechCrunchの記事によると、Calico設立時にラリー・ペイジさんは、

In an interview with TIME Magazine, Google CEO Larry Page implied that dramatically extending human life is one of Calico’s main goals; not making people immortal per se, but, according to a source familiar with the project, increasing the lifespan of people born 20 years ago by as much as 100 years.

劇的に人の寿命を延ばすことは、Calicoのゴールの1つである。不老不死とまではいかないまでも、100歳寿命を延ばすことができる(わたし意訳)

というようなことを話しています。日本人女性の健康寿命が75.56歳なので、プラス100歳生きれるとしたら175.56歳、なんと232%増し!年金制度は早々に崩壊ですね。

グーグル投資部門トップ「人は500歳まで生きられる」

さらに、Google Venturesのトップであるビル・マリスさんが、Bloombergのインタビューで突飛な発言をしています。

If you ask me today, is it possible to live to be 500? The answer is yes.

500歳まで生きれる?と聞かれたら、答えはイエスだ。

ビル・マリスさん率いるGoogle Ventures(グーグルの投資部門)は、ヘルス&ライフサイエンス系の会社にファンド全体の34%もの資金を投入しています。

代表的な投資としては2014年にFlatiron Healthという癌治療の研究をしている会社への$130millionの投資をリードしています。

Next: 「人生500年」時代の到来。人々の生活はどう変化するのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい