fbpx

遺言書との違いって?人生の総決算「エンディングノート」の活用術4つ=山田和美

自分にもしものことがあった場合に備えて、遺言書とあわせて用意しておきたい「エンディングノート」(終活ノート、ラストプランノート)の上手な活用法を、メルマガ『こころをつなぐ、相続のハナシ』でお馴染みの行政書士・山田和美さんが解説します。

法的効力のない「エンディングノート」をあえて書く意味とは?

遺言書の替わりにはならないが――

エンディングノート、という言葉が世に出て、おそらく10年近くなるでしょうか。その頃から相続の仕事に携わっている身としては、ずいぶん浸透したなあなんて感じています。

最近では種類も豊富。様々な団体が作成していますし、書店でもたくさん並んでいます。

さて、ではこのエンディングノート。その役割や位置づけを正しく理解できているでしょうか。今日はエンディングノートと遺言書の役割の違いについて、お伝えします。

まずは大きな違いから。遺言書は、法律で決まった文書。一方エンディングノートは、法律は関係ありません

遺言書に書いてあることは、その遺言が有効なものであれば、法的な効力が生じます。たとえば誰に何を相続させる、とあれば、原則としてその通りにしなければなりません。

一方でエンディングノートは、法的な効力は一切ないと思って、ほぼ間違いないです。エンディングノートの中には、遺産を誰に渡したい、とか、形見分けをどうしてほしい、等さまざまな希望を書く欄がありますが、これはあくまでも「希望」であって、何ら法的に拘束できるものではないのです。

尊厳死を望むかどうかとか、介護をどうしてほしいかとか、そういったことも同様です。

つまり、遺言書は法的に一定の拘束力がある。一方、エンディングノートは法的な効力はない。これが大前提です。

そして、遺言書は法的な効力を満たすためにさまざまなルールがありますが、エンディングノートはそもそも法的なものではありませんので、書き方や内容は自由です。まずはこれを覚えておかれると良いでしょう。

上手に使いこなしたい、エンディングノート4つの役割

では、エンディングノートは意味がないのか?というと、私はそうは思いません。エンディングノートは、こんな役割があります。

1.遺言書を書くための気持ちの整理

たとえばいきなり遺言書を書こうと思っても、誰に渡したいか、どういう配分で渡したいか、等なかなか決められないこともあるでしょう。

エンディングノートには、これまでの人生でお世話になったかたのことや、嬉しかったこと、悲しかったことなどを書く欄があります。こういった欄をつかって人生の棚卸しをして、だれに何を渡したいか、考えを整理するために使われると良いでしょう。

Next: 「2.遺言書を書くための財産の棚卸し」のポイント

1 2

無料メルマガ好評配信中

こころをつなぐ、相続のハナシ

[無料 毎月第2水曜日、第4水曜日]
愛知県の行政書士山田和美が、相続・遺言について情報を発信するメールマガジンです。
ご家族が亡くなる、ご自身の相続に備えて準備をする。
そういった経験は多くの場合、一生に数える程しかありません。
だからこそ実際に直面したとき、何から手を付けて良いかわからず戸惑ってしまったり、知らなかったが故に不利益を被ってしまう事が多々あります。
このメルマガでは、「相続人って誰のこと?」という基本的な事から、「相続が起きると銀行口座どうなるの?」等のより実務的な疑問まで幅広くお伝えして参ります。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい