fbpx

来たるインフレで資産をどう増やすか?中国の食料自給率が急降下、商品市場に投資妙味=洞口勝人

中国の1人当たりのGDPは1万ドル台に到達、14億人がだんだんと豊かになってきています。それに伴い、中国のカロリーベースの食料自給率は約76%まで低下。中国の食品・飲料の輸入額の増加は今後も拡大し、食料価格の上昇傾向は今後も続くでしょう。投資家はインフレにどう備えるべきか?日本への影響とともに解説します。(『【動画で解説】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」』洞口勝人)

【関連】「投資系YouTuberの7割はウソ」金融の専門家が警告、海外金融商品に落とし穴=俣野成敏

※有料メルマガ『【動画で解説】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください

プロフィール:洞口勝人(ほらぐち かつひと)
ファイナンシャルプランナー。1963年生まれ、岐阜県出身。資産運用に強いFPとして、年間約370回のセミナー・講演会(受講者数約3万人)を行っている。早稲田大学エクステンションセンター講師。日本銀行の依頼を受け、全国にて金融広報活動も展開中。NHK『人材育成セミナー』講師、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』等に出演。

中国の食料自給率は低下、食品価格は上昇する

中国の1人当たりのGDPは1万ドル台に到達しました。いまだに貧富の差はありますが、14億人がだんだんと豊かになってきています。

それに伴い、中国のカロリーベースの食料自給率は約76%まで低下してきています。

日本の平均年齢48歳に対し、中国の平均年齢はまだまだ食べ盛りの38歳。加えて中国の農地の19%はカドミウム・水銀・ヒ素などで汚染されていることなども中国の食料自給率低下に拍車をかけてくることが予想されます。

よって、中国の食品・飲料の輸入額の増加は今後も拡大し、食料価格の上昇傾向は今後も続くでしょう。

日本にも大きな影響を与える「中国の食料事情」について、動画で解説しました。ぜひご覧ください。

商品市場に注目

世界的な物価や景気の先行指標、特にインフレ動向の先行指標とされる「CRB指数」の推移は、1999年2月安値から2008年7月高値まで、中勢的な3段上げで資源大相場を至現しました。

(※「CRB指数」(正式名称:「ロイター/ジェフリーズCRB指数」)は、原油・無鉛ガソリン・暖房油・天然ガス・金・銀・銅・アルミニウム・ニッケル・トウモロコシ・大豆・小麦・綿・生牛・豚赤身肉・コーヒー・ココア・オレンジジュース・砂糖の19品目で構成されている。1967年平均を基準値=100として算出している。)

しかしその後は、約12年間の下落傾向が続き、ついにはコロナショックによる2020年4月安値(101)で1999年安値水準に戻っています。

商品市況には10~15年サイクルがあり、直近のCRB指数は200(2021年4月27日時点)と、いよいよ200の節目突破を窺う動きとなっており、2020年4月安値(101)はサイクル面からも大底と捉えられます。こちらも、動画で解説しています。

個々を見ていくと非鉄金属では、ドル建て銅価格が9年半ぶりの高値となっています。脱炭素(カーボン・ゼロ)に向けて世界各国が大きく動き出したため、電気自動車等に大量に使用される銅の需要はますます拡大するというシナリオです。

また太陽光パネル等に使用される銀価格はまだ出遅れで割安感があり、今後動き出すことが予想されます。

資源価格に連動する「豪ドル」にも再動意の可能性

昨年3月安値(59.90)以降、月足チャート上での左右対称の動き予想していた豪ドルは、直近では2月下旬から約2ヶ月間横ばいとなっています。

しかし、豪10年国債利回りは1.718%と上昇し、資源や食糧価格の上昇によりCRB指数は200ポイント台に乗せてきました。金利上昇と資源価格上昇に加えて、コロナ封じ込めにも成功している豪ドルは、再動意の動きが期待されます。

horaguti002

続きはご購読ください。

毎月2回、上旬・下旬の定期講義のVimeo-Live配信(2時間)と、毎朝8時に「日々の号外マーケットコメント配信」で皆様の資産運用をフォロー。2021年5月の定期講義のLive配信は、5/8(土)・5/22(土)を予定(※Live配信後は、収録動画をVimeoにて視聴可能です)。

※YouTubeにて、「ダイジェスト動画」も配信しております。

<有料メルマガ好評配信中! 4月配信済みバックナンバー>

※2021年4月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年4月配信分
    (4/29)
  • 【号外配信】4月30日「鉄鉱石 10年ぶり最高値、豪ドルは85.44円突破後に90円に向かうか」
  • 【号外配信】4月28日「CRB指数、200ポイント台に乗せる」(4/28)
  • 【号外配信】4月27日「ドル建て「銅」価格が9年半ぶり高値、割安感のある「銀」は…」(4/27)
  • 【号外配信】4月26日「『インフレと円安』に備える」(4/26)
  • 【リマインド】*本日15時30分開始【Live配信動画】『ザッ資産運用!渋谷ヒカリエMOV市版』(4/24)
  • *4月24日15時30分開始【Live配信動画】『ザッ資産運用!渋谷ヒカリエMOV市版』(4/23)
  • 【号外配信】4月23日「米国の「増税」と「テーパリング」がここからの最大のテーマに」(4/23)
  • 【号外配信】4月22日「銀、思わぬ高値になりそうな予感」(4/22)
  • 【号外配信】4月26日「 日経平均、6ヶ月間の三角持ち合いを下方向にブレイク」(4/21)
  • 【号外配信】4月20日「 中国の対日貿易規制への警戒 」(4/20)
  • 【号外配信】4月19日「電気自動車=銅、太陽光発電=銀、の上昇」(4/19)
  • *本日13時開始【Live配信動画】2021年4月17日『ザッ 資産運用!』-洞口道場(4/17)
  • 【リマインド】洞口道場(4月17日・土)ライブ配信のお知らせ(4/16)
  • 【号外配信】4月16日「米暗号資産(仮想通貨)業界の最大手、コインベース・グローバル、時価総額 8兆円」(4/16)
  • 【号外配信】4月15日「 マーケットは次のテーマを探している 」(4/15)
  • 【号外配信】4月14日「 CRB指数、ここのところジリジリと上昇 」(4/14)
  • 【号外配信】4月13日「 インド コロナ感染拡大 」(4/13)
  • 【号外配信】4月12日「 圧倒的な「楽観」状態。1989年12月の日本株式マーケットを思い出す」(4/12)
  • 【号外配信】4月9日「「住宅ローンが返せない」5万人超 大震災時の5倍に」(4/9)
  • 【号外配信】4月8日「 マーケットはいつも行き過ぎる 」(4/8)
  • 【号外配信】4月7日「国際商品の総合的な値動きを示すロイター・コアコモディティーCRB指数の動き」(4/7)
  • 【号外配信】4月6日「 NYダウ平均は史上最高値を更新。買えば上がる、上がるから買う、その反動が…」(4/6)
  • 【号外配信】4月5日「 円が最弱通貨になった可能性 」(4/5)
  • *本日13時開始【Live配信動画】2021年4月3日『ザッ 資産運用!』-洞口道場(4/3)
  • 【リマインド】洞口道場(4月3日・土)ライブ配信のお知らせ(4/2)
  • 【号外配信】4月2日「 バイデン政権、「大きな政府」へ傾斜をさらに強める 」(4/2)
  • 【号外配信】4月1日「 ポンド、米ドルともに「持たざるリスク」が続く 」(4/1)

いますぐ初月無料購読!


※有料メルマガ『【動画で解説】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください。

【関連】「日本円の現金保有は最悪の選択」ジム・ロジャーズ、レイ・ダリオら警告=花輪陽子

【関連】金・銀・プラチナに妙味アリ。今から3~5年で3倍もありえる=洞口勝人

image by:Viktoriia Hnatiuk / Shutterstock.com

【動画で解説】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」』(2021年4月26日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中!

【動画で解説】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」 -個別テーマ 分散投資先別 基礎から深掘り編-

[月額5,500円(税込)不定期]
2017年7月から配信している「全体マーケット分析編」に加え、2019年9月より、分散投資先別の「個別テーマ編」を配信開始!既に金融機関にて個別テーマセミナーを開催しており、大変御要望が強い状況の為、一回毎(毎月一回)に一つのテーマに絞り、そのテーマを基礎から深掘りして、分散投資先の基礎知識から現状分析までを解説します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー