fbpx

仕手株ニチダイに乗ってわかった楽しさと怖さ。売り豚を一掃したその手口=八木翼

仕手株・ニチダイ<6467>に乗ってみて学んだことを書きたい。どんな人物が、どうやって仕掛けているのか。踏み上げ相場になるカラクリと合わせて解説する。(『バフェットの眼(有料版)』八木翼)

※本記事は、『バフェットの眼(有料版)』2018年3月18日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

どんな人物がどうやって仕掛ける?「踏み上げ相場」ができるワケ

まさに漫画の世界だった「仕手株」ニチダイ

さて、先日から特集しているニチダイについてである。このメルマガで3月12日に紹介した後も株価は高騰し、1週間で20%以上も上昇した。

私もご多分に漏れず、仕手側は、まだ株価を釣り上げるだろうと予測し、上昇につれて投資額を増やし、下落した先週金曜にはいったん100株を残して手閉まった。100万円余り稼いだため、この100株が仮に0円になったとしても、数十万の儲けということになる。

ニチダイ<6467> 日足(SBI証券提供)

ニチダイ<6467> 日足(SBI証券提供)

さて、そもそも今回のニチダイは少し特殊だ。

実のところ、私も学生時代の頃から株式市場に居座っているので、株歴は十数年になるのだが、漫画の世界でしか見たことがない。そして、漫画の世界通りだったということが良く分かった。

今回のニチダイのストーリーを振り返ってみた。

ニチダイ株を大量保有する山田亨氏とは何者か?

山田氏の人物紹介はこちらのサイトに詳しく書かれている。記者が実際に会っているようで、大仏のような大男らしい。この人が、今回の仕手側の暗躍者、山田亨氏である。

Twitterアカウントは、トンピン フィナンシャルグループCEO(@Tonpin1234)である。タラちゃんの画像を加工して、割とふざけた投稿をするが、「ああ、この人本物やん」と思わせる、ぞくっとする発言もしっかりしてきます。例えば、こちらのツイート。

という、完全に上から目線のツイート(笑)。

という、超強気のツイート(笑)。

簡単に言えば、この人が株を買い漁り、価格を思うがままにしているのです。

Next: 過去にも杉村倉庫で大儲け。山田氏が作る「踏み上げ相場」のカラクリは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい