fbpx

また北朝鮮に騙されるのか? 米中露「外交ライアーゲーム」の被害者=矢口新

先日サウナで、「米国も韓国も、北朝鮮に騙されていることに気付かないのか?」という会話を聞いた。米朝協議に動き出した今、本当に騙されているのは誰だろうか。(『相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』矢口新)

※本記事は、矢口新氏のメルマガ『相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』2018年3月19日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:矢口新(やぐちあらた)
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。アストリー&ピアス(東京)、野村證券(東京・ニューヨーク)、ソロモン・ブラザーズ(東京)、スイス・ユニオン銀行(東京)、ノムラ・バンク・インターナショナル(ロンドン)にて為替・債券ディーラー、機関投資家セールスとして活躍。現役プロディーラー座右の書として支持され続けるベストセラー『実践・生き残りのディーリング』など著書多数。

韓国が歩み始めた「南北統一」への道。日本はどう反応すべきか?

北朝鮮に騙されている?

先日、ジムのサウナで、地元の老人が2人、「アメリカも韓国も、北朝鮮に騙されていることに、気付かないのか?」「そうだ、何度も懲りずに騙され続けているうちに、北朝鮮は核武装までしてしまった」「今回も、騙されるに決まっている」というような話をしていた。サウナの中には、私と、他にもう1人ぐらいしかいず、喋っているのは、その2人だけだった。

私は、いつものように黙って目を閉じて、呼吸を整えながら、肩の可動域を広げる動作を続けていた。そして、「騙されているのは、誰だろう?」と考えていた。

互いに対抗する米国、中国、ロシア

米国、中国、ロシアは、互いに対抗している。対抗するということは、対等の関係を意味し、お互いを罵り合うことがあっても、自分により有利な関係を築こうと、落としどころも探っている。

また、他の諸国や地域との関係では、お互いが陰で手を結ぶこともある。それが、古今東西で行われてきた政治・外交だ。戦争は外交の一手段に過ぎない

「意外な人物」が嘆く戦争

「戦争は外交の一手段に過ぎない。戦争は、最も稚拙で、犠牲との兼ね合いで得るものが少ない外交だ」。何年か前に、英文メディアのインタビュー記事で、意外な人がこの言葉を発するのを読んだ。

その名を聞けば、多くの人が意外だと思うに違いない。それまでの英文メディアの印象では、その人は統治能力に欠けた、野蛮人という印象だったからだ。その人とは、シリアのアサド大統領だ。

それで私は、シリアの内戦は、アサド大統領の意志ではなく、悔やんでも悔やみきれない失政だったと捉えている。

英文メディアのシリア関係の報道では、慎重に事実を報道しようとする姿勢は、あまり見られない。野蛮人というなら、トランプ大統領の方が、よほど野蛮だ。

Next: 本当に世界の脅威か? 米中露の打算で成り立つ北朝鮮

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい