fbpx

韓国の経済破綻は止められないのか?輸出入の激減で陥った悪循環

今回は韓国の最新輸出と輸入について見ていく。韓国経済は輸出依存の国であり、中国、アメリカ、EUと世界的な市場規模を持つ国との取引が中心なので、それらの国の経済事情が韓国経済の良し悪しに直結する。

好景気の時はそれでいいのだが、今の時代はどこをとっても不景気である。このため、今後の輸出は拡大することはほとんどあり得ない。しかも、建設や海外プラントなどを数多く韓国企業に発注していた中東も経済の悪化が目立ってきている。このような最新事情から韓国経済破綻というものが現実味を帯びてきた。(『週間韓国経済』)

輸出も輸入も激減。八方ふさがりの韓国経済に打つ手なし

韓国経済は衰退時期に入ったと見られる

<前略>産業通商資源部が1日に明らかにしたところによると、10月の輸出額は435億ドルで前年同月比15.8%減少した。これは8月の輸出減少率15.1%より振るわない数値だ。

その上物量基準でも先月の輸出は1年前より9.4%減少した。今年に入り輸出額が1年前より減少するケースはあったが、輸出量自体が減ったのは2月のマイナス1%、4月のマイナス0.8%、5月のマイナス3.1%程度だった。6~9月は物量基準で輸出が増加に転じたが、先月は大幅に減少した。これは輸出不振が単純な単価下落により現れているものではないとの意味だ。

先月の輸入は368億ドルで1年前より16.6%減少した。これに伴い貿易収支は67億ドルの黒字を記録し、45カ月連続の黒字記録も継続した。だが、輸入減少率と輸出減少率の格差が狭まっている。これまでは輸出より輸入の減少幅が大きいことで黒字幅が大きくなっていた。しかし今後輸出が輸入よりも 大幅に減ればこれまでの黒字基調を維持するのも難しくなる。<後略>

出典:韓国の輸出、10月は今年最大の減少幅記録 – 中央日報日本語版

輸出額が減っているのに貿易黒字というのは、その分、輸入が減っているということである。45ヶ月連続黒字記録とか述べているが、正直、黒字だからいいってものではない。確実に韓国経済が縮小しているのだ。

2014年と同じ時期に比べて、輸出が15.8%、輸入が16.6%の大幅な減少である。短期間のデータでは予測が覆ることもあるが、今回の場合、2015年の上半期がピークで、ほぼ確実に経済衰退時期に入ったと見て良い。2016年はさらに悪化することだろう。

さて、輸出と輸入が減っている大きな原因が世界経済の鈍化というのはすでに説明した。しかし、それだけではない。実は韓国がこのままだと一人負けする状態へと陥る可能性がある。その原因が中国の追い上げ日本の円安である。ただ、これは想定外の出来事だったのではない。

Next: 韓国を追い詰める「中国の発展」と「日本の円安」

1 2

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額313円(税込) 毎月第1日曜日・第2日曜日・第3日曜日・第4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー