fbpx

日本が優秀…だと?「我が国の政治家はバカだ」は万国共通だった=北野幸伯

自国エリートをバカだと思い、他国エリートを賢いと思う――これは「万国共通の現象なのではないか?」と言うのはロシア在住歴25年の国際関係アナリスト・北野幸伯さん。日本の政治家や官僚にはウンザリという方にこそ読んでほしい「国際政治小話」です。(『ロシア政治経済ジャーナル』)

「自国政府をどう思うか?」の問いに肯定的な答えはほとんどない

日本の政治家と官僚に絶望している人へ

皆さん、「日本の政治家はバカだ!」「官僚はバカだ!」という話をよく聞きませんか?ご自身でもそう思っていませんか?

私は先日、『グローバリズムが世界を滅ぼす』(エマニュエル・トッド、藤井聡、中野剛志、柴山桂太、堀茂樹、ハジュン・チャン著/文春新書)を読みました。

これが本当に面白い本で、よい点を挙げたらキリがないのですが、その中で、非常に尊敬する中野剛志先生が、こんなことをおっしゃっています。

TPP問題についてあまりにバカげた議論が横行しているので、たとえば地方の講演で、私が間違いを指摘します。
すると、聴衆の方々は私の説明を理解して、必ず同じ質問をされるのです。
「私は別に教育のある人間ではありませんが、私でもわかるような話を、どうして東京大学を出ている、あんなにお勉強をされた人たちがわからないのでしょうか」と。
私(注:中野先生)が、「いやいや、東大を出たからとおっしゃいますが、そんなに頭がいいわけじゃない。バカばっかりなんですよ」と答えると、その質問者は「そんなはずはないでしょう」と必ずおっしゃる。
私(注:中野先生)はむっとして、「何であなたにそうじゃないってわかるんですか。私は毎日そいつらと付き合ってるんですよ」と反論する(笑)。
出典:『グローバリズムが世界を滅ぼす』224p

中野先生が日本のエリートについて、上記のようにおっしゃられた。すると、ソ連崩壊、アメリカ発の経済危機、アラブの春などを予測し的中させたフランス人学者のエマニュエル・トッドさんがこう言ったのです。

日本のエリートに問題があると聞いて、私は動揺しています。歴史上、日本のエリートは、フランスのエリートよりも素晴らしいと思っていたからです。
出典:『グローバリズムが世界を滅ぼす』226p

なんと!エマニュエル・トッドさんは、「日本のエリートは素晴らしい」と思っていたのです。そして、自国(フランス)のエリートについて語りはじめます。

フランスはバカなテクノクラートを輸出しています。パスカル・ラミー(WTO事務局長)やクリスティーヌ・ラガルド(IMF専務理事)などです。彼らは、経済金融関係の国際機関のトップにいる。
その一方で、フランスの経済はガタガタです。通貨システムが経済を破壊しています。これがいわゆるグラン・ゼコール(フランス独自のエリート養成教育機関)を出たテクノクラートの成したことです。
決定的な政策は行われていません。彼らにはプロジェクトがない。夢を描くこともできない。

トッドさんは、「日本のエリートは優秀だ」と思う反面、「フランスのエリートはダメだ!」と思っているのですね。

「自国エリート=バカ」と思うのは万国共通?

私は、いろいろな国の人たちと話をしてきましたが、

  1. 「自国エリート=バカ」と思う
  2. 「他国エリート=賢い」と思う

この2つは「万国共通の現象なのではないか?」と思っています。

ロシア人だって同じこと。彼らは、

  • ロシアがいつまでたっても「資源依存経済」から脱却できないこと
  • いつまで経ってもインフレ退治できないこと

を理由に、「政府は無能だ!」と確信しています。もっとも、ロシアの場合、それが「プーチン批判」につながらず(!)、ターゲットはメドベージェフ首相以下閣僚たち。

旧西ドイツの人たちに会うと、「メルケルは共産主義者でダメだ!」などと言います。

Next: 「日本の政治家・官僚はダメ!」と感じるのは極めて普通のことだった

1 2

無料メルマガ好評配信中

ロシア政治経済ジャーナル

[無料 不定期]
日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい