fbpx

日本が優秀…だと?「我が国の政治家はバカだ」は万国共通だった=北野幸伯

「日本の政治家・官僚はダメ!」と感じるのは極めて普通のこと

出張や旅行でいろいろな人と知り合い、機会があるたび「自国政府をどう思うか?」と聞きます。

肯定的な返事が返ってくることはメッタになく、「あれがダメで、これがダメで」と不満を言われることがとても多い。一方で、「日本はいいね~」などと言われるのです。

というわけで、皆さんが「日本の政治家はダメ、官僚はダメ!」と感じているのは、極めて普通のことなのですね。

そのことを踏まえたうえで、2つのことが重要だと思います。

1. 変化が全然起こっていないように見えても、政治に働きかけ続ける

たとえば、ここ数年で、日本人の大変多くが「自虐史観」から脱却しました。しかし、その変化が始まるまでに、多くの人が長年にわたって働きかけを続けてきました。

私も、10年ぐらい前から一貫して「自虐史観は捨てましょう」と書き続けていました。全然変化が起こらないような手ごたえのない時期が続き、ある年、一気に動くことが多いです(慰安婦像問題も、最近急に良い方向に変わってきました)。

2. 自分自身の人生について政府をアテにしないこと

とはいえ、政治や政府が変わるのは長い時間がかかります。それより、自分自身の人生を変える。これは、自分1人の決意だけでできるので、今日からはじめられます。

国に働きかけるのは、自分のためというより、「国とみんなのため」。自分自身の生活は、「自分で変えてやる!」という決意と気概が必要ですね。

まずは「私自身」が「自立人間」になる。「自立人間」が集まった国が「自立国家」になります。だから、「日本の自立」は「私の自立から」なのです。

ちなみに今日のネタ元『グローバリズムが世界を滅ぼす』は、本当に面白い本です。今回は、中野先生とトッドさんの「エリート批判」の部分だけとりあげましたが、我ながら「ひどいな」と思います。

「グローバリズム」「新自由主義」の問題点が、論理的、多角的によくわかる内容になっていますので、是非ご一読ください。

【関連】プーチンがいま考えていること。ロシアが米国を倒す5つのステップ=北野幸伯

【関連】年中無休・24h対応。ISの「テロリスト様ご相談窓口」から分かること=奥山真司

1 2

ロシア政治経済ジャーナル』(2015年9月9日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ロシア政治経済ジャーナル

[無料 不定期]日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー