fbpx

黒田総裁の胸中は?「2期連続マイナスGDP」と「日銀現状維持」の分析

内閣府が11月16日に発表した実質GDP(速報値)は2四半期連続のマイナス。その後、日銀は18~19日の日銀金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決定しました。GDPはマイナスにならないと言っていた黒田総裁はいまの状況をどう考えているのでしょうか?投資信託に精通しSEの経歴を活かしたツール提供を行うのりたま氏が分析します。(『毎月分配投信の本当のこと のりたマガジン』)

2期連続マイナス成長直後の黒田総裁記者会見を読み解く

実質GDP速報値は2四半期連続のマイナス、市場予想も下回る

まずは各指標をチェックします。

■日本経済指標【四半期実質国内総生産(GDP、速報値)】 2015/11/16(月)08:50
*四半期実質国内総生産(GDP、速報値)(7-9月期)8:50
結果 -0.2% 予想 -0.1% 前回 -0.3%(前期比)
結果 -0.8% 予想 -0.2% 前回 -1.2%(年率換算)

待ちに待ったGDPですが、思った通りのマイナス!2期連続でのマイナスは一時的なものとして無視するわけにはいかないと思いますので、厳しいなと思います。しかも市場予想よりも悪かったのは気になるところ。

一応、中身を確認しておきます。

<実質GDPの寄与度>
民間最終消費支出:+0.3(前回-0.3)
民間住宅:+0.1(前回+0.1)
民間企業設備:-0.2(前回-0.2)
民間在庫品増加:-0.5(前回+0.3)
政府最終消費支出:+0.1(前回+0.1)
公的固定資本形成:+-0(前回+0.1)
公的在庫品増加:+0.1(前回0)
財貨・サービス純輸出(輸出+0.5、輸入-0.4):+0.1(前回-0.2)

意外にも消費は持ち直しているみたいです。計画のわりに設備投資が進まないという現状も表れています。

大きくマイナスに影響したのは在庫のようです。需要が増えたのなら良いことと言えますが、設備投資の消極的な姿勢をみても、供給を抑えているという見方はできると思います。

あらためて中国の景気減速が、日本企業のマインドを低下させているのだなと再確認できるものです。

今回の結果は去年と同じ

今回の結果を見て改めて思ったのは、去年と全く同じだということです。日銀短観で良さげな内容が出たと言っておきながら、GDPはマイナス。やっぱりね。と思いました。

市場予想の時点でマイナスだったことは、アナリストもある程度、学習しているなとは思いますけど。(^_^)

以前も話しましたが、結局、1000万円未満の企業が大きく影響したということでしょうか(※市場が織り込んでいない「実態との乖離」とは?日銀短観まとめ)。

個人企業経済調査は悪化

11/20に総務省統計局より「個人企業経済調査」の最新情報が公開されましたので、チェックしてみます。

平成27年7~9月期結果(確報)の要約[PDF]
平成27年7~9月期結果(確報)の概要[PDF]
(参考)平成26年7~9月期結果(確報)の要約[PDF]
(参考)平成26年7~9月期結果(確報)の概要[PDF]

4-6月期よりも悪化しており、状況は良くない事がわかります。全般的に前年同期比で売上が落ちているのがわかりますが、特に、「卸売業、小売業」の減少は大きいです。設備投資が増えていることだけは救いかもしれません。

日銀金融政策決定会合、追加緩和なしはコンセンサスだが

それでは次に日銀会合を確認します。

当面の金融政策運営について – 日本銀行(2015/11/19)[PDF]

GDPが2期連続のマイナスということで、追加緩和期待なども出ていたように思いますが、思った通り追加緩和はなしでした。

個人的には追加緩和の一要因としても考えていたGDPでしたが、今回、追加緩和を見送ったことで、今後しばらく追加緩和という話は出ないだろうなと思えた瞬間です。物価目標の達成時期を2016年の後半に先延ばししましたので、ここから1年ぐらい何も政策変更しないということもあり得るのではないでしょうか。

まぁ、米国の利上げや中国の景気減速など、試練はこれからたくさん待っているとは思いますので、今後の状況次第なのは当然です。

Next: 黒田総裁記者会見の内容は?|白井審議委員の気になる発言

1 2

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

毎月分配投信の本当のこと のりたマガジン

[月額842円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
投資信託での「経済投資」を確立!毎月分配型の知られざる凄さの情報発信で話題に!世界各国へ「投資信託」で投資する。専門家が気づいていない個人投資家しか分からない実践的なノウハウを紹介!専門家や機関投資家の意見は個人投資家には合いません。投資信託ってどれをいつ買う?いつ売る?リアルタイムの生実践だから役に立つ!業界初の投資信託TOOLを毎月配布。投資信託でどうやって儲けているのか、どうやったら儲けられるかが分かります

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー