fbpx

村上世彰“父娘”強制調査は国策なのか?「東芝はどうなんだ」疑念も

証券取引等監視委員会は11月25日、金融商品取引法違反の容疑で、村上ファンド元代表の村上世彰氏(56)や村上氏の長女(27)の自宅など関係先の強制調査に乗り出した。第一報が伝わった大引け直前に「村上関連銘柄」が売り込まれたほか、今回の強制調査は東芝の粉飾問題などをうやむやにするための「国策」ではないのかといった見方も一部で浮上している。

“父娘二人三脚”の新生村上ファンドに「待った」 また国策かの声も

村上元代表と長女の関係先に強制調査

旧村上ファンドの村上世彰元代表(56)が、複数銘柄の株価を意図的に下落させるなど相場操縦をした疑いがあるとして、証券取引等監視委員会は11月25日、金融商品取引法違反の容疑で、村上元代表や投資会社代表を務める長女の自宅など関係先の強制調査に乗り出した。

村上元代表は東大法学部卒業後の1983年、通産省(当時)に入省。退職後の1999年に投資会社を設立した。現金や優良資産を持ちながら株価が安い銘柄に着目し、昭栄への敵対的TOB(株式公開買付)や、増配や自社株買い提案を前提とした東京スタイル株の買い占め、阪神電鉄株の買い占めなどを次々に仕掛け、「モノ言う株主」の代表格として一世を風靡した。

2006年にニッポン放送株をめぐるインサイダー取引で東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年・執行猶予3年の有罪判決が確定。その後はシンガポールに拠点を移し不動産投資などを手掛けたが、近年、投資会社「C&Iホールディングス」を通じて本格的な株式投資活動を再開していた。

村上元代表の長女、村上絢氏(27)はモルガン・スタンレーMUFG証券を経て、今年6月に投資会社「C&Iホールディングス」代表に就任したばかり。黒田電気<7517>の株式を大量取得し、村上元代表ら4名を社外取締役にする株主提案を行って注目を集めたが、8月21日の臨時株主総会で否決されている。

「村上関連銘柄」が急落

強制調査の第一報が入ったのは、東京株式市場大引け直前の25日14時57分頃。これを受けて黒田電気<7517>三信電気<8150>エクセル<7591>アコーディア・ゴルフ<2131>などの「村上関連銘柄」が急落した。

黒田電気<7517>は報道直後の14時58分過ぎから売られ始めた。

黒田電気<7517> 1分足 2015/11/26(SBI証券提供)

黒田電気<7517> 1分足 2015/11/26(SBI証券提供)

黒田電気<7517> 日足 2015/11/26大引け時点(SBI証券提供)

黒田電気<7517> 日足 2015/11/26大引け時点(SBI証券提供)

直前に2609円だった株価は、わずか2分あまりで安値2400円まで売り込まれる場面があった。ただ引けには買いも入り、25日の終値は前日比195円(7.4%)安の2448円となっている。

村上元代表やC&Iホールディングスが大量保有する「村上関連銘柄」は、その「モノ言う株主」としての存在感もあいまって、人気マネー誌などで大々的に取り上げられることも多く、個人投資家を含むマーケットの高い関心を集めていた。

Next: 本当に黒田電気絡みの相場操縦なのか?市場関係者の見方は

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー