fbpx

2万435円より上は売りの警戒領域~「理論株価」最新データ分析=日暮昭

2万円の大台回復が目前に迫った日経平均株価。11月に入って以降は理論株価を超えて堅調に推移していますが、このまま上昇すればそろそろ通常変動の上限(2万435円)が目に入ってきます。日経新聞社で証券分析サービス開発に従事、各種日経株価指数を担当した日暮昭氏の解説です。(『投資の視点』)

理論株価を超えてきた日経平均、最新データ分析(~11/20)

11月に入り、理論株価を超えて安定

日経平均は9月29日に底値の1万6930円を付けた時点で理論株価とのかい離率がマイナス11.9%に達しました。これは変動範囲の下限であるマイナス9.9%を下回り、いわゆる“臨戦態勢”の領域に入りましたが、その翌日にはこれまでの経験則に沿った形で相場は反発に転じ、臨戦態勢の状態から抜け出しました。

【理論株価の決定式】
日経平均の理論値 = -3630 + 74.66 * [予想EPS] + 101.52 * [米ドルレート]

※当式の基本的な考え方、具体的な求め方については2015年5月20日公開の当講座をご参照ください
※理論株価は上掲の式にあるように、規定する要因である業績予想と為替が変動するとそれに伴って変動し、変動範囲の上限・下限も併せて変動する点にご注意ください
※理論株価に関する過去のマネーボイス掲載記事

以下のグラフはともに日経平均と理論株価の推移を日次終値ベースで示したものです。上の図は2014年1月から直近の11月20日まで、日経平均が理論株価をはさんで上下に変動するほぼ2年間の動きを見たもの。下の図は今年の7月以降に期間を絞って短期の動きを拡大して見ています。

日経平均と理論株価の推移(日次終値ベース)―2014.1.6~2015.11.20―

日経平均と理論株価の推移(日次終値ベース)―2014.1.6~2015.11.20―

日経平均と理論株価の推移(拡大版)―2015.7.1~2015.11.20―

日経平均と理論株価の推移(拡大版)―2015.7.1~2015.11.20―

拡大版のグラフで9月29日の落ち込みを見ると、いかにも8月下旬からの急落の決着をつけるために“きっちり底値を取りにいった”感が強いですね。

日経平均は11月に入ってからは理論株価を超えてきており、安定的に静観の状態にあります。

Next: 強めの回復相場だが、2万435円より上は「売りの警戒領域」

1 2

無料メルマガ好評配信中

投資の視点

[無料 週刊]
「投資の視点」はより実践的な株式投資の力をつけるための講座に衣替えしました。真に投資の力をつけるには以下の3つの要件が必須です。
(1)中立の立場
(2)実務の専門家(講演の専門家ではない)
(3)もれのない講座体系
大手経済新聞社OBを中心に、ファンドマネージャー、チャーチスト、財務分析とポートフォリオ運用の専門家が集結してこれらの要件を満たす講座を立ち上げました。講座は「資産運用のブティック街」として、市場の切り口、テクニカル分析、企業の財務、ポートフォリオ戦略―の4つのテーマに整理・提供いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい