fbpx

イスラム国と裏で繋がるトルコ・エルドアン大統領の「B層」扇動術

10月25日に渋谷・トルコ大使館前で起きたトルコ人とクルド人の乱闘騒ぎ。この事件の発端は、トルコの首都アンカラで10月10日に起こった自爆テロによって、大勢のクルド族が犠牲になったことでした。

トルコのエルドアン大統領は、テロ発生直後に「犯人はイスラム国だ」と非難しましたが、彼は実際にはイスラム国と繋がり、裏で大きな利益を得ています。そして、クルド族にトルコ国民の怒りを集中させて、B層のトルコ国民を扇動することによって、権力のさらなる拡大を画策しているのです。(『カレイドスコープ』のメルマガ)

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

構造的に日本と似ている、トルコ国内でのクルド人を巡る内紛

陰謀だらけの摩訶不思議で危険な国

東京・渋谷にあるトルコ大使館前でのトルコ人とクルド人との紛争が長引いています。

日本のメディアでは、「11月1日の在外投票を巡って、トルコ人とクルド系双方が、極右系政党や非合法武装組織の旗を掲げるなどし、これが騒動の発端になったとの情報もある」と報じられています。(編注:トルコ人口の10~30%はクルド系と推計されている)

しかし、当のトルコ大使館の男性職員は、「私には乱闘の理由も原因も分からない」と話していると言います。

彼は、嘘を言っていません。本当に乱闘の理由が分からないのです。

地中海に面しているトルコから遥か彼方の日本で、なぜ、これほどの憎しみが噴出しているのか、日本人には、まったく見当もつかないのです。

陰謀の数々が、まるで網の目のように入り組んだ摩訶不思議の国・トルコの深い闇を知ったからといって、日本に何の関係がある?

すぐ先の未来――数ヵ月先――には、ほとんど関係がありません。しかし、数年後には、「今、こうなってしまったのは、あのときのトルコのせいかもしれない」と多くの人々が思うでしょう。

日本のメディアは、トルコの政情に関心が薄いせいか、常に部族間抗争の視点から報道するので、日本人はますます混乱してしまうのです。

そうした枝葉末節をバサッと一気に切り捨てて、重要な骨格だけを残すと、それほど難しくないだろうし、今後を予想できるようになります。

とにかく、9.11のような、どんな大規模なイベントでも、マララを「平和の使者」として広告塔に使う小さなイベントでも、あるいは、イベントと言うにはあまりにも不謹慎で、世界中が慟哭したアイランちゃんの悲しい死のような、欧米の主流メディア(100%企業の資本によって運営されている)が、こぞって報道する出来事の背景には、「まったく信じられないほど人間離れした悪鬼」がいることを決して忘れないでください。

それは、1つとして例外はありません。すべての事象の背後には、それを仕掛けた人間がいるのです。

彼らの目的は、すべてにおいて、「金と権力」です。こうしたことは、善意の人間が多い日本人には、なかなか理解できないことなのです。

Next: 日本人が知らない「トルコ大使館前騒動」根底にある理由

1 2 3 4

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額756円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい