fbpx

イスラム国と裏で繋がるトルコ・エルドアン大統領の「B層」扇動術

世界中で起こっていることは、いずれ日本でも起こる

トルコのクルド人を巡る内紛は、構造的には日本で起こっていることに非常に似ています。これは、世界中で起こっていることなのです。

つまり…世界中は、とっくに気がついています。エルドアンや安倍晋三を操っているのは、メディアに姿を現してはいるものの、人々が気にも留めないほど目立たない奥の奥にいるグループです。

その目的は、世界的な超独裁体制を構築するために、右と左に分断して紛争を起こし、第一段階として、その国の国力を削ぐことによって国家の転覆を図っているのです。

だから、「右翼だ、左翼だ」と大騒ぎしている連中ほど、支配者の術中に嵌められている悲惨な人々なのです。あるのは、「世界支配層と私たち平民」、この2種類だけです。

「右翼・左翼」の二元論は、彼らの正体を隠すための道具に使われているに過ぎないのです。早く気がつかないと、トルコは第3次世界大戦に引き込まれてしまうかもしれません。

日本人は、少しずつではありますが、この辺りの真相に気が付き始めています。しかし、日本のメディアは、アメリカの企業メディアや、ロスチャイルドのロイターより真実を報じていません。

目下のところ、国民にもっとも敵対しているのは、安倍晋三という男に愚直なほど忠実なメディア群です――


好評配信中の『カレイドスコープのメルマガ』10月31日臨時増刊号では、この続きとして以下の内容を紹介しています。

欧州理事会は反エルドリアン勢力を犯人に仕立て上げ、間接的にイスラム国を支援している

最も信頼できる反グローバリズム学者、ウェブスター・タープリー教授の分析

トルコ政権与党の政治家や官僚の一部は、イスラム国から多大な恩恵を受けている

カレイドスコープのメルマガ』は初月購読無料、当月バックナンバーは登録後すぐに読めますので、ぜひいちどチェックしてみてください。

【関連】“天命”を担う安倍首相。「日本会議」の隠されたアジェンダと解釈改憲

【関連】どう見る?ジョージ・ソロスの「第3次世界大戦」警告と南シナ海の緊張

【関連】米国を本気にさせた「ドイツ第4帝国」アメリカが危惧する未来とは?

【関連】熱烈歓迎は表の顔。イギリスが習近平に突きつける「三下り半」と新秩序

1 2 3 4

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2015年10月31日臨時増刊号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額770円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー