fbpx

“天命”を担う安倍首相。「日本会議」の隠されたアジェンダと解釈改憲

今回のテーマは、新興宗教「生長の家」にルーツを持つ右翼的政治運動団体で、安倍内閣をウラで操るとされる「日本会議」の隠されたアジェンダについてである。

いまやっと日本の主要なメディアでも「日本会議」の存在を取り上げるところが次第に増えてきているが、「日本会議」を詳しく知ることのできる本や記事はまだまだ少ない。いまのところ、ジャーナリストの菅野完氏による「草の根保守の蠢動」記事と、塚田穂高著「宗教と政治の転轍点(花伝社)」が入手可能な数少ない情報源だ。(未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ・高島康司)

安倍政権の道しるべ、国民が知るべき「日本会議」の行動計画

真の活動目標を示す内部資料『神国への構想』の発見

もちろん「日本会議」の最終目標は憲法改正による天皇制国家の復活である。しかしながら、憲法改正という手続きを経ることなく目標を実現する方途を示す文書が発見され、菅野氏のサイトで公開された。

ちなみに「日本会議」を実質的に運営しているのは、「生長の家」の創設者である谷口雅春氏の信奉者が集まった「日本青年協議会」である。会長の椛島有三氏は「日本会議」の事務局長を務めている。「日本会議」と「日本青年協議会」は一心同体の関係にある。

その谷口氏が1979年に「生長の家青年会」から発刊した内部資料『神国への構想』が、菅野氏によって発見された。

現行憲法解体の「天命」を担った安倍晋三

この資料には次のようにある。

占領憲法体制の解体は、何よりその成立の暴虐的過程を糾弾し、占領軍の強制々定のあり方が、大日本帝国憲法に於ける法的違反および、国際法違反であることももって正統憲法復元を克ち獲らなければならないが、そのためには復憲の大義に、自己生命を捨て得る内閣総理大臣の出現(中略)しなければならない

ちょっと読みにくい文章だが、要するに、「現行の日本国憲法はGHQが強制的に制定したものなので、国際法に違反している。だから絶対に改憲しなければならないが、そのためには自己の生命を捨てる覚悟のある総理が必要だ」ということだ。

この「復憲の大義に自己生命を捨て得る内閣総理大臣」として見られている存在こそ、「日本会議」が全面的に支持する安倍首相だということだ。「日本青年協議会」はこのように見ているに違いない。いわばこれは、安倍首相が天命を担っていると彼らは見ているのだろう。

特徴的な「憲法改正手続きの無視」

「日本会議」と「日本青年協議会」の目標を明確に示している箇所がある。以下である。

それ故、先ず、われらの今日的課題は(中略)、現占領憲法下に於いても可能な限りわが国を防衛する対策を樹て、これ以上失ってはならぬものを死守するために非常なる努力を為さねばならないということである。その第一が、反憲的解釈改憲の“たたかい”に他ならない

これも少し読みにくいが、「現行憲法に違反する解釈を行い、憲法を実質的に骨抜きにして改憲した状態にしてしまう」ということである。これを特に「国防」の分野で行うとしている。

周知のように憲法を改正するためには、衆参両院の3分の2の賛成と、国民投票における有効投票の過半数が必要になる。これは大変に高いハードルである。

「生長の家」創設者・谷口氏の文章を見ると、「現行憲法はそもそも国際法違反なので、憲法が定める改正の手続きは守る必要性はまったくない」とする理解が前提になっているように見える。恐らくそうだろう。そうでないと、「反憲的解釈改憲」などという言葉が使われるはずはない。

Next: これは日本会議と安倍政権の「改憲マニュアル」だ

1 2 3 4

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額864円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい