fbpx

お涙頂戴はなぜ悪いか?安保問題と「聖羅ちゃん」のパラドックス=佐藤健志

この夏、安倍政権下で強行採決された安保法制。当時、各地で安保法制反対デモが活発化する中で、「SEALDs」メンバーによる事実無根の「臓器売買」発言や、安保賛成派による「反対デモに連れて行かれた孫が熱中症で死んだ」とのデマツイートが、ネット上に拡散したのを覚えているでしょうか?

政治的立場は真逆にも関わらず、奇妙な共通点を持った「2つのデマ」。作家の佐藤健志さんは、これらのデマの本質は「思考停止のお涙頂戴」であり、安保法制をめぐる「まともな議論」を失わせる大きな要因になったと見ています。

記事提供:『三橋貴明の「新」日本経済新聞』2015年11月11、18、25日号より
※本記事のタイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

「お涙頂戴合戦」の裏で失われた、安保法制のまともな議論

安保反対派による事実無根の「臓器売買」発言

まずはテーゼをいくつか列記しましょう。

(1)人間は正義感や使命感に駆られると、とかく自己陶酔に陥る。そして自己陶酔は、とかく自己欺瞞へと発展する。

「世の中を良くするために立ち上がるんだ!」と意気込んでいたはずが、いつの間にか「世の中を良くするために立ち上がったんだから、自分(たち)は注目されて当然だ!」と信じこむにいたる次第。

(2)ところが世の中が本当に良くなったら、「世の中を良くするために立ち上がった人々」は用済みとなってしまう。

「世の中を良くするために立ち上がったんだから、自分(たち)は注目されて当然だ!」と信じこんでいる人々にとり、これは由々しき事態である。

(3)ゆえにこれらの人々は、表面的な主張とは裏腹に、「世の中が良くならないこと」、あるいは「世の中がもっと悪くなること」をひそかに望みはじめる。そのほうが自分たちが注目されるからである。

この具体例として、安保法制をはじめとした現政権の政策に反対する学生組織「SEALDs」のメンバーが、渋谷で開いた集会において「この国には、子どもの学費のために裏で自分の内臓を売り、生活をくいつなぐ母親がいます」と発言したことが挙げられます。

くだんの発言は事実無根。SEALDsも公式ツイッターアカウントを通じてその点を認め、発言を撤回・謝罪するにいたりました。「臓器売買発言」をしたメンバーは、あるシンポジウムで聞いた話を勘違いしたあげく、事実確認をせずにしゃべってしまったのだそうです。

とはいえ、なぜ勘違いしたのかを考えるとき、このメンバーは「子供の学費のために自分の臓器を売る母親」に存在してほしかったに違いないという点が浮かび上がる。そんな事例があるとすれば、それは現政権がいかに悪いかの証拠となり、政権を倒そうと活動している自分たちがいかに素晴らしいかの証明となるからです。自己欺瞞のせいで、事実と嘘の区別がつかなくなってしまったわけですね。

安保賛成派も「聖羅ちゃんツイート」で同じ失敗

し・か・し。この手のポカは、決して特定の立場の人々の専売特許ではない。安保法制反対デモを批判する側も、みごとに同じことをやらかしています。以下の記事をどうぞ。

Twitterに1歳の娘の写真を無断で転用されたうえ、「安保法案反対デモで孫が死んだ」と嘘の書き込みをされたとして、新潟市の30代の夫婦が、Twitter社に対して発信者の情報開示を求め、認められた。東京地裁はIPアドレスなどの開示を命じたという。10月14日、産経ニュースなどが報じた。

NHKニュースによると、申し立てをしていたのは新潟市に住む大嶋陽さんとその妻。7月にTwitterに、大嶋さんの娘の写真が無断で添付された下記のような投稿がなされていた。

「【拡散希望】安保反対国会前デモに連れていかれた、我が孫、聖羅が熱中症で還らぬ人になってしまいました。あの嫁はゆるせません。わたしたちは何度も聖羅を置いてくように話したのですが…。聖羅は何度も何度も帰りたい、と母に泣いてたそうです。」

出典:「安保法案反対デモで孫が死んだ」とTwitterに噓の投稿→発信者の情報開示命令 – ハフィントンポスト

デモに連れて行かれた孫が死んだ」という内容自体が事実無根のうえ、他人の子供の写真まで勝手に使ったときては、どうにも弁明の余地はありません。ただし先のSEALDsの公式ツイッターアカウントふうに言えば、このツイート主も「聞いた話を勘違いした」可能性が高い。

高須クリニック・高須克弥院長らの「お涙頂戴」ツイート

今年の7月26日、「安保関連法案に反対するママの会」が、渋谷をはじめ、各地で集会を開いたのですが、その際、幼稚園ぐらいの女の子や、ベビーカーに乗った男の子が、会場に連れて来られている様子が紹介されました。たとえば、こちらの記事の画像のように。

これに対し、高須クリニックの高須克弥院長が、ツイッターでこうコメントしたのです。

「イデオロギーの定まらない子供をデモに利用するな!猛暑日に炎天下を子供に歩かせるな!熱中症になる!」
「赤ん坊まで猛暑日炎天下のデモに連れてくる馬鹿母!父親は何してる?制止しろよ」

そして別のユーザーからは、こんなツイートが。

「ベビーカーに乗せられている子供がぐったりしている、子供の命を危険に晒しているのはどっちだ!」

「子供の命を危険に」うんぬんのくだりは、「安保関連法案に反対するママの会」が「誰の子供も殺させない」と謳ったことへの言及と思われます。

それはともかく、「安保法制に反対するような連中と違って、自分は日本の安全保障を真剣に考えている」という自己陶酔、ないし自己欺瞞に陥った人が、このやりとりを読んだとしましょう。

当該の人物が、「デモに連れて行かれた幼児の中に、熱中症で死んだ子がいるに違いない」と信じこむのは、十分ありうることではないでしょうか?

あとは死んだ(はずの)子を「聖羅」と名づけ、「祖母と嫁の対立」という昼メロ調の脚色を施せば、問題の虚偽ツイートができあがります。

死を望まれた「聖羅ちゃん」という架空の存在

けれども、これが意味するところは重大。臓器売買発言をしたSEALDsメンバーが、「子供の学費のために自分の臓器を売る母親」に存在してほしかったのと同様、このツイート主は「安保法制反対デモに連れて行かれて死んだ幼児」に存在してほしかったことになる。

なぜか?そんな事例があるということは、安保法制に反対している人々がいかに悪質(ないし、少なくとも致命的に軽率)であるかの証拠であり、同法制が望ましいことの証明となるからです!

何せツイートの論法に従うかぎり、仮に「安保関連法案に反対するママの会」が、子供を家族に預けたうえで集会を開いたり、会場での熱中症対策に万全を期したりしていたら、どうなるか?そうです。同会のスローガン「誰の子供も殺させない」にも、説得力があるという話になりかねない。

「聖羅ちゃん」が炎天下、熱中症対策が考慮されない状態で集会に連れてこられ、死なないことには都合が悪いのです。

安保法制が成立するためなら、幼い子供が犠牲になってもいい。いや、犠牲になってもらわなければ困る!これこそ、「聖羅ちゃんツイート」にひそむホンネ。とんでもありませんね。

おまけに自分たちの娘の写真を(死んだものとして!)無断で使われた大嶋さん夫妻が、どんな気持ちになるかも考えていない。肖像権の侵害という自覚もなかったことでしょう。だから自己欺瞞はよろしくないと言うのですよ。

Next: 「聖羅ちゃんツイート」に納得する人は思考停止している

1 2 3 4

無料メルマガ好評配信中

三橋貴明の「新」日本経済新聞

[無料 ほぼ日刊]
●テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める日刊メルマガ。三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(経世論研究所 客員研究員)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(ジャーナリスト/元「正論」編集長)などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー