fbpx

韓国「WTOで支持を得た」の大嘘。実態は米露中ほか全方位からフルボッコに

日本の韓国における「輸出管理の見直し」「ホワイト国から除外」について、韓国が撤回を要請している。反応は予想通りだが、実は、韓国はそんなのんきに反日運動を拡散している場合ではなくなってきている。もう、全方位からフルボッコ状態だからだ。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年7月28日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

フェイクニュースが蔓延中? 韓国がWTOでやった汚い手段とは

反日やってる場合じゃない

日本の韓国における「輸出管理の見直し」「ホワイト国から除外」について、韓国が撤回を要請しており、市民も日本製品の不買運動に参加したり、市民団体がロウソクデモを開催したりするなど盛り上がりを見せている。

韓国側の反応は大方の予想通りであるのだが、実は、韓国はそんなのんきに反日運動を拡散している場合ではなくなってきている。

もう、全方位からフルボッコ状態だからだ。それは敵だけでなく、本来の味方やその他大勢からもだ。

全方位からフルボッコ

まずはどんな状態かを簡単に列記してみよう。

日本「韓国をホワイト国から除外します。8月2日ぐらいに閣議決定します」
米国(トランプ大統領)「中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だ」
ロシア「ロシアは自国軍用機が外国の領空を侵犯したことはない。因みにあそこは日本海な。後、フッ化水素も売るとはいってない」
中国「韓国のTHAAD配備を撤回しろ」
北朝鮮「米韓合同軍事演習を中止しろ。でなければミサイル撃つぞ(本当に撃った)」
WTO&その他の国「多国間の会合場所に、二国間の問題を持ってくるな」

以上、簡単に列記したが、本当にこんな状態なのだ。

しかも、これが1週間で起きた出来事なのだから、正直、驚きである。

どれ1つを選んでも詳しく1回分で特集できる内容ばかりであり、しかも、WTO以外はほとんど進行形である。

なので、どれを特集するか迷ったのだが,進行形ならそのうち特集するかもしれないので、まずは終わったWTOの話題から見ていくといいだろう。

WTO報道でフェイクニュース

ロイター通信「韓国は支持を取り付けることに失敗した」
TBS「WTO終了、国際社会は意見割れる」
韓国代表「他国から韓国への強力な支持が示された」
世耕大臣「同意得られた事実ない」

この4つの中で、2つほど不適切な報道が混じっているのはおわかりだろうか。

先に正解を出しておくと、TBS韓国代表の発言がフェイクである。

では、TBSの「国際社会は意見割れる」という報道は何なのか。TBSの妄想か捏造ということだ。ちなみにTBSはこの報道を訂正もしていない。

Next: 韓国が汚い手段に出た?TBS報道と世耕大臣のツイートからわかること

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい