fbpx

韓国輸出規制、国際世論は「日本が悪者」。安全保障を言い訳にしていると批判殺到=高島康司

韓国輸出規制に対する国際社会の反応について解説したい。海外メディアの多くは、日本の今回の対応を自由貿易の原則に違反するとして厳しく非難している。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2019年7月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

なぜ悪者に?歴史問題に踏み込んで日本を批判する海外メディアも

韓国輸出規制問題に対する各国の厳しい反応

いま大きく注目されている韓国輸出規制問題に対する国際社会の反応について解説したい。

7月1日に安倍政権が適用したIT機器製造には不可欠な化学製品3品目の韓国への輸出規制に、韓国は強く反発した。7月24日には、日本は27の友好国に適用されている貿易優遇処置のホワイト国のリストから韓国を排除する決定をした。日韓関係は戦後最悪な状態になりつつある。

こうした状況を打開すべく、韓国は今回の日本の輸出規制が自由貿易の原則に違反しているとして、「世界貿易機関(WTO)」に審査を要請した。

23日にスイス・ジュネーブで始まった「WTO」の一般理事会では、日本と韓国が半導体材料の対韓輸出規制を巡り討議する。双方が正当性を主張して加盟国に理解を求めるが、「WTO」のルール違反にあたるかどうかの議論は平行線に終わる見通しだ(編注:24日に終わった一般理事会では、日韓以外の第三国から発言はなく、韓国の訴えに同調する声は出ませんでした)。韓国は「WTO」への提訴の準備を進めており、「安全保障上の適切な措置だ」とする日本の主張が認められるかが焦点になる。

「WTO」の審査には、相当に時間を要すると思われる。日韓ともに、これから国際社会の理解を得られるかが焦点になる。

日本に非常に厳しい国際世論

しかし、日本の今回の輸出規制に対する国際世論は相当に厳しい。日本国内では韓国非難の世論が激しいので、こうした海外の動向が報道されることはない。客観的に何が起こっているのか知っておくべきだろう。

もちろん、国際世論が韓国の主張を支持しているというわけではない

そうでなく、日本の今回の対応を自由貿易の原則に違反するものだとして、厳しく非難しているのだ。

韓国に対する貿易規制が発動された7月1日からしばらくの間は、海外の主要メディアでも「困ったことになった」という論調が強く、どうしてこのようなことになったのか事情を解説するものがほとんどだった。しかし、10日を過ぎる頃から、日本の今回の処置を強く非難する記事や社説が次第に増えている

筆者は、この件に関するメディアやシンクタンクが出した数十の記事や社説、また論説を読んだが、安倍政権がいま主張しているように、国際社会に説明するなら日本の立場は理解してもらえるなどということは実質的に不可能なのではないかという印象を持った。

日本の立場に理解を示すき記事は日本国内のメディア以外、ほとんどなかった。いずれ日本は国際社会の圧力に屈して、方針転換せざるを得なくなるのではないだろうか?

今回は、そうした社説や記事の代表的なものの要約を掲載する。

Next: 国際世論は日本を猛烈批判?ブルームバーグの社説から見えること

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい