fbpx

「専業主婦」世帯は高確率で貧困に~婚活女性の覚めない夢と、支えきれない男の現実=山本昌義

婚活相談に来る女性に「専業主婦になりたい」という方は多い。しかしこれは現実と逆行する願望です。専業主婦世帯の未来には、高確率で貧困生活が待っています。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

専業主婦はもはやリスク。老後も共働きで何とか生活できる時代へ

専業主婦になりたい女性は多い?

「婚活フィナンシャルプランナー」として活動する私のもとに、30代後半の独身女性が相談に来ました。「私は学もないし共働きはムリです。何とか専業主婦になれませんか?」との内容です。

現在は何とか会社員をしているものの、これまでずっと女性は結婚したら家庭に入るものと考え、今までロクに経験を積んでこなかったそうです。

これ、想像以上に多い女性像かもしれませんね。お気持ちは痛いほど分かるのですが…。

今回は改めて、現代の結婚事情と専業主婦のリアルをお伝えします。

男性は専業主婦を嫌がる

さて、まずは基本ですが「昨今の男性は専業主婦を避けがち」というのが1つの現実です。

基本的に今は男性でも稼げない時代になっています。そして、稼げないから残っているのが独身男性です。

稼げる男性はすでに売れていますし、稼げるのに残っている男性は「なぜ?」でしょうか。年収以外に、大きな問題があることが多いです。

このため、今のままでは結婚そのものができない可能性が高まります。仮に結婚できても、男性にしがみつく姿勢では、いずれ男性が重く感じて離婚になりかねません。

幸い、今のところ会社員をしておられますし、考えを改めるのが一番ではないでしょうか。

ただ…少なくとも、お気持ちは分かるところです。仕事は結婚までの繋ぎと考えて耐えてきたのに、突然、それが厳しいとなれば辛いですよね…。

でも、残念ながら現実は変わりません。現実に合わせて対処する必要があります。専業主婦になれたらラッキー程度に考えて、まずこの点は抜いて婚活に励みましょう。

専業主婦世帯はいずれ行き詰まる

さて、並行的に大切なことなのですが、「今時の大半の専業主婦世帯は、いずれ行き詰る」のもまた1つの現実です。

これは結婚直後の話ではありません。子どもが大学に進学する頃、あるいは老後の話です。

確かに、結婚直後だけなら食費程度の負担なので、男性も相応に年収があれば専業主婦を認めます。即座に家計破たんなどしないでしょう。

しかし、長い人生においては様々なことにお金が必要です。教育費を筆頭に、住宅資金や老後資金なども必要です。

一方、専業主婦になると現役中の収入は元より、将来的な年金も国民年金になるので、生涯スパンで数千万円の収入が失われます

その結果、教育費か住宅ローンがキッカケ、あるいは長い老後で破産する人が続出中です。

地方では未だに専業主婦の習慣が残っていますが、その多くは耐えられないでしょうね。

Next: もはや専業主婦はリスク。大手の正社員でも定年まで残れる保証はない…

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい