fbpx

株価急落を予告する「ヒンデンブルグ・オーメン」の点灯と4つの懸念=斎藤満

NY株式市場で「ヒンデンブルグ・オーメン」が点灯しました。これは一旦点灯すると、5%以上の株価下落が77%、クラッシュが41%、重大な下落が24%の確率で発生するとされるグナルです。今週以降注目イベントが続くので、頭の隅に入れておいても良いかと思います。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2017年6月5日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

「高確率で株急落」のシグナル点灯。そのキッカケになるとすれば?

「ヒンデンブルグ・オーメン」とは

ニューヨーク株式市場の急落を予告するシグナルとされる「ヒンデンブルグ・オーメン」が6月1日に点灯しました。

これはニューヨーク市場についてのシグナルですが、これが一旦点灯すると、米国では5%以上の株価下落が生じる可能性が77%、クラッシュが起きる可能性が41%、重大な下落が生じる可能性が24%と言われます。

翌日の2日には3指標とも最高値を更新し、このシグナルに注目する向きは少ないのですが、最近では3月13日にこれが点灯し、1週間後の21日に米国株は大統領選後最大の下落を見せ、さらに2015年6月半ばに点灯した時は、そこから数百ドル下落した後、8月には2000ドル余り下落した経緯があります。

100%の確率ではありませんが、米国株が最高値にあり、VIX(恐怖指数)が低下している中で、今週以降注目イベントが続くので、頭の隅に入れておいても良いかと思います。

【関連】「忖度相場」からの6月14日ショック説、最悪ケースの株価下値は?=藤井まり子

懸念(1) コミー前FBI長官の議会証言

今週は8日に米国上院でコミー前FBI長官の議会証言が予定されています。トランプ大統領は大統領特権を行使してこれを拒否すると言われますが、最高裁がこれを認めない可能性があります。

この公聴会で前長官が、トランプ大統領の司法妨害を示唆する証言をすると、ロシアゲート疑惑が一段と高まり、弾劾リスクが意識され、先行き不透明感の高まり、政権の機能不全から税制改革など政策の遅れ、後退が市場に失望をもたらす懸念があります。

懸念(2)ECB理事会

8日には欧州でも注目イベントがあります。まずECB理事会では、金融緩和の出口に向けた動きがあるかどうか注目されています。

先に発表されたユーロ圏の消費者物価上昇率がまた低下したので、緩和継続の期待が強まっています。そのなかで、理事会で追加緩和の可能性文言を削除したり、景気の認識を強気化し、出口を示唆したりするようだと、市場は反応する可能性があります。

懸念(3)イギリス下院選挙

同じ日に英国では下院の議会選挙があります。メイ首相はEU離脱に勢いをつけるために、ここで保守党の圧勝を期待し、早めの選挙に打って出たのですが、世論調査では保守党のリード幅が縮小していると言います。

保守党が負ける可能性は小さいのですが、最近の連続テロ事件が保守党への支援となるかどうか、こちらも注目です。

Next: 最大の懸念は6月14日。念のため警戒したい「ショック安」発生

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい