fbpx

「銀」を買う者だけが生き残る?日銀の「神風特攻」に怯える世界経済

価格の不正操作という重い上蓋がはずされた銀(シルバー)は、どれほどのパフォーマンスを演じるか?JPモルガンにはまだ、多くの未決済の売り玉が残っているはずです。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年6月1日第208号パート2の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

もはや誰も疑わない、ゴールド・シルバー価格「不正操作」の実態

「シルバーを買ってJPモルガンを潰そう!」運動

金融ジャーナリストのマックス・カイザーが、「銀(シルバー)を買って、JPモルガンを潰そう!(Crash JP Morgan, Buy Silver)」運動をスタートしてから、かれこれ10年が経とうとしています。

当初、ほとんどの投資家は、彼が言っている意味を理解することができませんでした。しかし、それが正しかったことが誰の目にも明らかになろうとしています。

【関連】米ドルの死と2つの仮想通貨~なぜ世界経済はリセットされようとしているのか?

マックス・カイザー(Max Keiser)とは、ロシア・トゥデイ「RT」(ロシア国営のデジタルTVニュース・チャンネル)に自分のチャンネル「カイザー・レポート」を持っている元株式ブローカー。仮想通貨技術や仮想通貨それ自体の発案者でもあり、市場の予測などを提供しています。

一貫しているのは、ウォール街と国際銀行家を猛烈に批判し続けていること。その独特な語り口と辛辣な批評が、彼の特異な個性をいっそう際立たせると同時に、多くのファンの心を掴んできました。

彼は10年前と変わらず、「国際金融マフィア、国際銀行家によって金融恐慌がまもなく引き起こされるだろう」と言い続けています。

時間の経過とともに、彼に同調する専門家が増え続けている中で、いまや、彼は特異な個性の持ち主などではなく、至極まっとうな常識人であったと、世間の見方が変わってきたようです。

非常識なのは、むしろ、市場が永遠であるかのように信じたいと願うあまり、認知的不協和に取りつかれたままになっている投資の専門家たちであり、経済評論家たちのほうかもしれません。

彼らは、マックス・カイザーがターゲットとしている国際銀行家の資金によって運営されている、いわゆる主流メディアが創り上げた偶像に過ぎず、その正体は、国際銀行家のカルテルから市場を操作するミッションを与えられた単なるアジテーターに過ぎないことがわかってきた、というわけです。

「バンキング・カミカゼ」

カイザーは、「次の金融恐慌の引き金を引くのは、グローバル・エリートたちの奴隷となって徹底した金融緩和を続ける日本だ」と言っています。

彼は、2012年12月22日に配信したロシアのRTの「カイザー・レポート エピソード383」で、そのことを「banking KAMIKAZE(バンキング・カミカゼ)」という象徴的な言葉を使って表現しています。

彼は、ここで、こんなことを言っています。

安倍政権に替わって、積極的な金融政策を進めようとすることが引き金となって、これから激化するであろう世界通貨戦争(global currency war)の口火を切る可能性がある。今回の日銀改革は最悪の結末を迎える。日本の神風バンカーたちが、世界の金融都市に致命的な爆弾を落として行くのだ。

「banking KAMIKAZE」は、安倍政権の発足と同時に、カイザーが使い始めた言葉です。

彼が過去に行ってきた発言の数々の行間を埋めていくと、以下のような意味になります。

JPモルガンに象徴されるようなメガバンクは、談合して金(ゴールド)や銀(シルバー)の価格を不正操作している

特に、JPモルガンによる銀(シルバー)の値の引き下げは、確実に凶悪犯罪である。この不正な値の操作は、もはや不可避となった通貨の崩壊に備えて、国際銀行家たちが、金(ゴールド)や銀(シルバー)を安く買い集めるためである。

日本の中央銀行は、完全にコントロールされており、世界規模の金融崩壊の引き金を引かざるを得ないように追い込まれ、自ら進んで(異次元の)量的金融緩和に乗り出すだろう。

そして今、それが現実となりつつあるのです。

Next: なぜJPモルガンは執拗に銀(シルバー)の値下がりを仕掛けるのか?

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい