fbpx

針なし注射のタカギセイコー、バカマツタケなど材料で急騰する「スカイツリー株」とは=武田甲州

日米中をはじめとした政治の見通しが不透明ななか、全体相場は低迷状態が続いています。そこで注目を集める「スカイツリー株」とはどのような銘柄でしょうか。(『証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』)

※有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「スカイツリー株」の一本釣りに注目が集まる

政治が不透明な時期は身を引く投資家も多い

株式市場は大荒れ、投資家は立ちすくんでいるというのが現在をよく説明する言葉だと思います。

実際、米中通商摩擦は激化、着地はどうなるのか、それがいつなのか見通しはさっぱりわかりません。年明けには日米の通商交渉が始まりますが、こちらもどうなるかよくわかりません。欧州の状況も見通しは不透明

経済、政治の先行きが読めない中では株式投資に全力投球ということから身を引く投資家も多いということになります。

ということで、日本株のPERが12倍台前半で推移し、PBRも1.1倍台となっても低迷状態から抜け出せる見込みが当分はなさそうです。

こうなると株式全般への資金流入は難しくなります。指数の上昇は当面見込めないとなれば、「局地戦」「一本釣り」が主流になります。昔は「野中の一本杉」という言い方もありましたが、現代では「スカイツリー株」というほうがわかりやすいです。

新しい材料への注目を怠らないように!

「スカイツリー株」はするすると驚くほど上がっていきます。きっかけは何でもいいのですが、買いエネルギーが集中しますので、短期間に驚くほど上がっていくことになります。

18年の「スカイツリー株」としてはたとえば「多木化学<4025>」。バカマツタケの人工栽培に成功した多木化学の株価は9月の5,000円前後から、10月には1万2,950円まで上昇しました。直近では、痛くない注射の「タカギセイコー<4242>」。11月29日の1,393円が直近12月7日は4,270円になりました。

多木化学<4025>日足(SBI証券提供)

多木化学<4025>日足(SBI証券提供)

タカギセイコー<4242>日足(SBI証券提供)

タカギセイコー<4242>日足(SBI証券提供)

このような「スカイツリー株」への集中投資が、これからますます注目を浴びていきそうです。株式投資から遠ざかるのではなく、新規な材料への注目を怠らないことがより一層重要になります。


※有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

※2018年12月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

  • 「スカイツリー株」の一本釣り(12/10)
  • 小型成長株は上昇再スタートか(12/3)

いますぐ初月無料購読!

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込540円)。

2018年11月配信分
  • 隠れた高パフォーマンス期待株(11/26)
  • 原油急落で米金利上昇ストップ?(11/19)
  • 適温相場復活か?(11/12)
  • アノマリー(11/5)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 人手不足(10/29)
  • ドル円為替は再び円安へ(10/22)
  • 株安(10/15)
  • アマゾン賃上げで円安(10/8)
  • 「プラットフォーマー」(10/1)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • まだ割安の日本株(9/24)
  • 勝利を引き寄せた「我慢」(9/17)
  • リーマンショック10年(9/10)
  • 下がらない「リスクプレミアム」(9/3)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分
  • 浮上するか 交代シナリオ(8/27)
  • 米中貿易戦争は早期終結か?(8/20)
  • 非公開化を目指すテスラ(8/13)
  • 日銀微修正(8/6)

2018年8月のバックナンバーを購入する

2018年7月配信分
・米国の収支改善(7/30)
・小型株復活へ(7/23)
・急伸する株価(7/16)
・フラット化が進む米国金利(7/9)
・要注目!トランプの「Vターン」(7/2)
2018年7月のバックナンバーを購入する

2018年6月配信分
・「ユニコーン」(6/25)
・押し寄せるフィンテック(6/16)
・トランプの黒魔術(6/11)
・日銀出口への意識(6/4)
2018年6月のバックナンバーを購入する

2018年5月配信分
・広がる投資家のすそ野(5/28)
・原油高(5/21)
・シェアビジネスで衰退?(5/14)
・武田「円安」?(5/7)
2018年5月のバックナンバーを購入する

2018年4月配信分
・平和の配当(4/30)
・人が捨てた「運」を拾う(4/23)
・米国利上げの限界(4/16)
・米中貿易戦争(4/9)
・緊張緩和(4/2)
2018年4月のバックナンバーを購入する

2018年3月配信分
・貿易戦争(3/26)
・いつのまにか正常化するマーケット(3/19)
・彼岸底(3/12)
・いまこそバフェット氏的投資(3/5)
2018年3月のバックナンバーを購入する

2018年2月配信分
・米金利上昇でも円高はなぜか?(2/26)
・物価上昇=株安は間違い(2/19)
・米国株安(2/12)
・時価総額が大きくなる企業(2/5)
2018年2月のバックナンバーを購入する

2018年1月配信分
・企業の置き換え(1/31)
・やはり、日銀政策は徐々に変更される(1/22)
・18年も日銀「金融政策」は不変(1/15)
・日銀の政策変更?(1/8)
・低成長、低インフレ、金余り時代の資産形成(1/1)
2018年1月のバックナンバーを購入する

2017年12月配信分
・チューリップバブル(12/25)
・ビジネスモデル(12/18)
・18年は円安・株高(12/11)
・ガラパゴス税制(12/4)
2017年12月のバックナンバーを購入する

2017年11月配信分
・バックトゥザ4万円(11/27)
・キャッシュレス社会(11/20)
・株の話題が増えたのはいいこと(11/13)
・FRB次期議長にパウエル氏(11/6)
2017年11月のバックナンバーを購入する

【関連】ついに始まった水道民営化、なぜ日本は海外「水道代5倍」の失敗例を無視するのか?

【関連】あらゆる手帳術に挫折した筆者が1年で資産3億円を実現した『思考ノート術』=午堂登紀雄

【関連】いまは2000年「ITバブル」と同じ状況、あらゆる指標が景気のピークを示している=江守哲

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』(2018年12月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム

[月額550円(税込) 毎週月曜日]
証券アナリスト武田甲州が、経済やマーケットの先読み・裏読み情報を毎週月曜日に発行。2008年3月のセミナーでは米国で最大300兆円の公的資金投入を予想。2008年9月末時点で米国のゼロ金利、量的緩和政策実施を予測するなど大胆な未来予測情報もあります。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい