fbpx

誰がフランス抗議デモを扇動?カラー革命やアラブの春に近い「黄色いベスト」運動=高島康司

いまフランス全土を席巻し、マクロン大統領の辞任をも迫っているフランスの「黄色いベスト運動」について解説する。外部勢力がこれを扇動している可能性が高い。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2018年12月7日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

トランプ政権を批判していたマクロン氏、事実は後でわかる?

フランス国民の7割が支持する「黄色いベスト運動」

いまパリを中心にしてフランス全土、2,000箇所で「黄色いベスト運動」と呼ばれる大規模な抗議運動が展開している。

これは、マクロン政権が計画している燃料税引き上げに抗議して11月17日に発生した運動だが、フェイスブックなどのSNSを通じて全国に広まった。デモ参加者が路上作業用の黄色いベストを着ることから「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト運動)」と呼ばれている。

12月1日には全国で約13万6,000人が参加。パリではエトワール凱旋門周辺に黄色いベストを着た数千人が集結し警官隊と衝突した。広場は催涙ガス発炎筒の煙に包まれた。

運動への支持は高く、一部の新聞によるパリのデモ後に実施した世論調査では、国民の7割が支持しているという結果だった。

極右と極左による暴徒化

国民による抗議運動が民主主義の正当なプロセスとして認められている欧米諸国では、デモは決して珍しい光景ではない。数十万人規模のデモも比較的頻繁に発生しており、抗議運動によって政府の政策が変更されることもしばしばである。特にフランスやドイツではそうだ。

また、今回の「黄色いベスト運動」のように一部のデモ隊の参加者が、警官隊に向かって投石したり、周辺の建物や車両に火を放つなど暴徒化し、混乱に乗じて近隣の商店での略奪行為などが発生することも数年に1度くらいの割合で起こっている。暴徒化したデモ隊を警官隊が催涙ガスや放水車で排除する光景も欧米諸国ではときおり見られることである。

しかし、今回の「黄色いベスト運動」は、フランスを象徴する凱旋門の落書きと内部の破壊のような激しい暴力や、全国2,000カ所の拡大という規模の点では近年まれに見る激しい運動になっている。

また、移民排斥とナショナリズムを主張する極右と、移民受け入れと社会主義を主張する極左が、一緒に抗議運動に参加していることも特徴的だ。

これらは相互に相手を敵として認識する両極端のイデオロギー集団だ。全面的に衝突してもおかしくない集団が一緒に抗議運動に参加しているということだ。

これは欧米の抗議運動でもかなり珍しいことだ。いわばアメリカでいうなら、トランプを熱烈に支持する愛国者の集団と、社会主義を目標にトランプに激しい憎悪で抗議をしている「アンティ・ファ」とが同じ抗議運動に参加しているようなものだ。アメリカでは、愛国者の集団と「アンティ・ファ」は敵対して衝突し、暴力事件も起こしている。「黄色いベスト運動」のような状況は、アメリカではまず考えられない。

Next: マクロンの政策は時代遅れ。強い不満で団結した国民たち

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい