fbpx

元銀行支店長は見た!「1億円貯めても不幸な人」の気の毒すぎる悩み=川畑明美

元銀行支店長から、お金の使い方について興味深い話を聞きました。資産1億円でもお金を使えない人と、資産が少なくてもどんどんお金を使う人がいるそうです。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

預金を取り崩すのは誰でも怖い。安心してお金を使うならやはり…

「資産があるのにお金を使えない」悲劇

先日、書籍の著者さんが集まる会に出席しました。その中に元銀行の支店長の方がいらして、興味深かった話をシェアします。

銀行に1億円の資産を保有しているけれど、収入は年金だけのAさん。
銀行の資産は2000万円くらいだけれど、毎月30万円収入があるBさん。

ふたりの顧客を見ていると、資産は少ないけれど毎月の収入があるBさんは、とても行動的で、旅行やゴルフでドンドンお金を使うそうです。

一方、Aさんは、資産が1億円もあるのに年金の範囲内でしかお金を使いません。そして、銀行の残高を非常に気にして、預金通帳を見てはため息をつくそうです。

元銀行支店長は、Aさんのように1億円というお金があっても、人は「貯金を取り崩す」ということに抵抗があるのだと話されていました。Aさんと同じような人を何人も見てきたそうです。

一方、資産を運用しているBさんのような人は、お金を使えるのだそうです。「来月も収入がある」。その安心感でお金が使えるようになるのです。

【関連】日本のサラリーマンが知るべき「持ち家貧乏」と不動産投資の甘い罠=俣野成敏

お金を増やすのは「行動」だけ

元支店長の話を伺って、ますます運用を教えることが大事と感じました。例え1億円があったとしても、預金を取り崩すことは恐怖なのです。

私も会社を辞めた最初の頃、それまで運用していた金融商品をドンドン利益確定して使いましたが、預貯金だったら同じように使えていたかわかりません。

「お金を増やすことができる」。この経験があるので、起業しても事業にお金を使えたし、プライベートカンパニーを作ることもできたのだと感じます。

お金を増やすことは難しいことではなく、情報を見極めて「行動できる」ことが一番大事です。

では、どのようにしたら恐怖を克服して、行動できるようになるのでしょうか。

Next: お金持ちが実践している「ネガティブ脳を変える方法」とは

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい