fbpx

元銀行支店長は見た!「1億円貯めても不幸な人」の気の毒すぎる悩み=川畑明美

ネガティブ発想は脳の性質

人間の脳は「ネガティブ」に考える性質があるのをご存じですか?

脳は、危険を回避するために、未知なものやいつもと違うことをするのを嫌う性質があります。いつもと違うことをするのを嫌うので、三日坊主は当たり前なのです。なので、意識的にポジティブに考えることが大事です。

我が家の子ども達も、「どうせ〇〇だから、ダメに決まっている」などと、口にすることがあります。大抵テスト前なのですが(笑)。そんな時は、過去にあった「ラッキーな出来事」を話すようにしています。

あなたは、ツイているから大丈夫! そんな風にマインドを変えると、ネガティブ発想から抜け出せるのです。

老後の資金が心配」と考えているのにお金を貯めることができないのは、このような脳の性質によるものなのかもしれませんね。

「習慣化」でお金持ちへの第一歩を踏み出す

ただし脳は、まったく変化しないのではありません。少しの変化は可能で、「習慣化」することで変わることができるのです。

お金を貯めることに成功できている人は、「習慣化」しているのです。私は月に3000円でも良いので、積立投資信託をすることをお勧めしています。無理のない「少しの変化」ですよね。

たった3000円でも習慣化すると貯まりますし、お金が増えるのを確認できれば増額することもできます。実際に、最初は1万円ではじめた方も翌年には2万円、そのまた翌年に3万円と投資額を大きくしている方もいらっしゃいます。

投資は、最初の一歩を踏み出すのが大変なだけなのです。一緒に投資への第一歩を踏み出してみませんか?

【関連】儚いリア充アピールで「スタバ貧乏」になる人たちのダメな共通点=川畑明美

【関連】日本人の大半が選ぶ「株式を保有しない人生」は糞ハードモードだ=鈴木傾城

【関連】本気で知りたい「自分の年金」いくら足りない?いま何をすればいい?=新美昌也

1 2

教育貧困にならないために』(2017年2月25日, 4月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい